小児喘息について 原因とその治療 岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形

みなさん。こんにちは岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸です。

 

岐阜市の小児の患者さんを見ていると小児喘息の方を見させていただくことがあります。

お子さんが喘息で苦しそうにしていると見ている親御さんたちは

自分たちが病気になること以上に心配になるといいますね。

 

そこで今日はお子さんの喘息、いわゆる小児喘息について説明したいと思います。

 

喘息とは簡単にいうとアレルギー反応による気道の慢性的(期間の長い)な炎症の事をさします。

 

小児喘息は普段、ほぼ症状のない無症状の状態なのですが、

 

呼吸をするときにヒューヒュー、ゼーゼーと言う音がでます。

 

このような息をするときは息苦しそうになるのが小児喘息の大きな特徴の一つですです。

発作の時間も長いので発作が起きる前に治療が必要です。

 

チェックしてあげてください。

また喘息が続くと咳が治まらず痰が増えたりひどくなると呼吸困難になる場合もあります。

 

小児喘息の原因は気道と言われる息の通り道にアレルギー反応である慢性的(長い期間)な炎症が起こり、

わずかな刺激にも敏感に反応し気道が収縮してしまい狭くなってしまします。

その結果息ができなくなり発作が起きるのです。

 

喘息の慢性的な炎症の原因としては子供ではほとんどが

アレルギー反応によるものでダニやほこりなどのアレルギーの元になる

物質の吸入、そのほかにウイルス感染などが引き金になって症状が現れます。

 

小児喘息の治療は普段からの環境整備(掃除やアレルゲンを避ける予防)と治療が大事です。

 

喘息発作をおおさせないために、まず吸入ステロイド薬やロイコトリエン受容体拮抗薬などを中心とした薬物療法により

気道の炎症を改善します。

 

このほかに布団のダニ、部屋の掃除をしてほこりを除去するなどの環境整備や

適度な運動による体力アップを合わせて行うといいでしょう。

 

アレルギー物質を避けるためにマスクをつけることも大切です。

 

もし喘息発作が起こった時には気管支拡張剤を使用して呼吸を楽にしてあげる事ができます。

小児喘息は大人になると治る場合が多いですのでそれまでの間は治療をしっかりしてあげてください。

 

もしこのような症状があるお子様がいらしたら病院やクリニックに行きかかりつけ医に相談しましょう。

岐阜市金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸でした。