【高脂血症】脂質異常症について【症状・治療・数値】 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長モゲル丸です。

今回は脂質異常症について解説していきたいと思います。

岐阜市でも本当にたくさんの方がこの病気で治療しています。

 

脂質異常症は動脈硬化を進ませる自覚症状の全くない病気です。

 

脂質異常症かどうかは症状ではなく病院の検査によってはじめてわかります。

ただ脂質異常症とわかっても自覚症状がないので治療をしない方もいらっしゃいます。

しかし、脂質異常症は動脈硬化症を引き起こすのである日突然心筋梗塞や脳卒中などの重い病気を発症させることもあるため。

沈黙の病気ともいわれています。

 

脂質異常症の原因としては血液中の脂質が増えることによります。

 

つまり食べすぎによる脂質の取りすぎです。

 

脂質は確かに体を動かすための必要なエネルギーなのですが増えすぎた血中の脂質は処理できずに

動脈硬化を引き起こすコレステロールや中性脂肪の上昇につながります。

脂質の取りすぎは肥満にもつながるため生活習慣を見直さなくてはいけません。

 

また食べすぎ以外にも体質や遺伝的な病気により口からの脂質の摂取の量とは関係なく脂質異常症になってしまう人もいます。

 

治療としては食事療法と運動療法を併用し血中の脂質の量を減らします。

これが基本ですがほかに原因となる疾患がある場合はその治療をまず行います。

ですがほとんどの場合は生活習慣によるものなので食事療法と運動療法をまず行います。

 

ちなみにコレステロールには善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールがあり、

この中では悪玉(LDL)コレステロール値が140㎎/dL以上の場合は脂質異常症の疑いがあります。

 

また中性脂肪も動脈硬化の原因となるのですが基準値は150㎎/dL以下が基準でありそれ以上でもやはり脂質異常症の疑いあります。

 

この二つの項目の数値が上がらないようにバランスの整った食事をとり適度な運動することにより改善を目指します。

それでも下がらない場合は薬物治療を行う場合もあります。

 

簡単にまとめましたが症状がないので放置されがちな脂質異常症ですがきちんと管理をする必要がありますね。

心筋梗塞や脳卒中など危険な病気にならないようにかかりつけの医師と相談し治療法を決めていきましょう。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。