【ゴルフ肘】肘の痛みについて【テニス肘】 原因と治療・対処法 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

岐阜県にはゴルフ場が沢山あります。モゲル丸もたまにゴルフに行くのですが

そこの方とお話をしているとまず腰の痛みそして肘の痛みと痛い話ばかり出てきます。

そのため今回はその肘の痛みの原因と対処法についてお話したいと思います。

 

まずはゴルフ肘と言われる肘の痛みですがこの病気の特徴は肘の内側を抑えると痛くなる病気です。

ゴルフは自分との闘い内向きのスポーツと覚えましょう!

 

原因は肩と肘の間にある骨の内側上顆という部分には手首を手のひらの方へと曲げる筋肉がついています。

そのため手首や腕を使いすぎるとこの部分に炎症がおき痛みが出ます。

 

治療としては基本は安静です。手首や腕を使いすぎないようにして炎症が治まるのを待ちます。

薬としては非ステロイド系抗炎症薬やステロイドの注射をする場合もあります。

 

サポーターをする場合は肘のサポーターではなく手首のサポーターやテーピングを行うと効果的です。

手術することは・・・あまりないですね。

 

続いてテニス肘です。

これはゴルフ肘とは逆に肘の外側上顆を抑えると痛みが出ます。

手首をそらした場合に痛みを感じることが多くドアノブや雑巾絞りがいたくてできないという方が多いですね。

テニス肘は難しい言葉で上腕骨外側上顆炎ともいいます。

 

原因としては肩と肘の間にある骨の外側上顆と言う部分は手首をそらせる筋肉がついています。

手首や指ん使いすぎが原因で炎症が起きます。炎症が起きると痛みが出るのです。

 

テニスをしている方に多くまた手首腕を使う職業の人にも多い印象です。

 

治療はやはりゴルフ肘と同じように安静が第一です。手首や指をあまり使わないようにします。

薬もゴルフ肘と同じように非ステロイド系抗炎症薬やステロイド注射をする場合があります。

局所麻酔の注射をすることもあります。

サポーターをする場合は肘の周囲にサポーターを当てます。またテーピングの場合も同じ部位にします。

こちらも手術することは・・・まれですね。半年以上痛む場合手術することもありますが非常にまれです。

 

さて今回はゴルフ肘とテニス肘について解説しました。

岐阜県はスポーツが盛んであり肘の痛みでクリニックに来られる方はかなりいますね。

 

安全に運動をして体に負担にならないように運動を楽しみましょう。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。