野球肩の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

野球肩

野球などで投球動作を繰り返したため生じる肩の痛みの事ですが

投球動作を主とするスポーツをしている人だけがなるわけではありません。

 

肩関節や周辺の組織の損傷が痛みを引き起こします。

 

損傷部位により、肩の前方、または後方が痛みます。

 

子供におこる場合は、リトルリーグショルダーとも呼ばれ、上腕骨の骨頭にある成長軟骨が骨頭から分離することもあります。

また、筋肉、腱、腱付着部の炎症である使いすぎ症候群の事も大変多く、発育途上の子供の過度な運動には注意が必要です。

 

原因

肩の関節包や肩関節に付着する腱や筋の損傷が原因です。

損傷部位は、上腕骨頭を覆う組織におこった炎症、腱板の損傷、関節内の軟骨の損傷なとがあります。

 

治療

4,5日間は投球動作を禁止するなど、まずは肩の安静を保ちます。痛みが続くような場合は、安静期間を増やします。痛みを和らげるために、消炎鎮痛剤の内服や、

湿布などを使用することもあります。

また、アイスマッサージや、アイシングも痛みの軽減には効果的です。腱板に蚊安全だんれtがある場合は、手術が必要です。

野球肩は予防が最も大切です。

 

腱板の機能を高め、肩を作るために筋力トレーニングとストレッチに勤めましょう。

また、供給前のウォームアップや、投球直後のアイシングやストレッチは、

炎症や損傷を慢性化させないためにも重要です。

脊椎圧迫骨折の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

脊椎圧迫骨折

脊椎圧迫骨折は脊椎の椎体が骨折を起こしてつぶれます。

 

胸椎および胸椎と腰椎の移行部にかけて怒ることが多く、

骨折部分に痛みが起こる場合には寝返りや前かがみもできないほどの強い痛みがあります。

 

しかし、痛みを感じず、知らない間に骨折が起こり、変形が進むこともあります。

 

原因

脊椎圧迫骨折は骨粗鬆症がある高齢者では、比較的軽い力だけでも起こります。日常生活の動作や、

しりもち、転倒などによって起こりますが、くしゃみなどでも起こります。

老人性後湾症は胸椎の多発性圧迫骨折が原因の事があります。

 

治療

骨粗鬆症による圧迫骨折は、2~3週間安静にしていると痛みは軽くなります。

その後、コルセットを使って歩く訓練を始めます。

 

高齢者の場合は長期間ベッドで安静にしていると、

呼吸器や尿路系の感染症や認知症を発症することがあります。

少しずつでも動くことを心がけましょう

ぎっくり腰の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

ぎっくり腰について

 

ほんのわずかな体位の変化、たとえば、ちょっと前かがみになった時や、

重いものを持ち上げようとした多度で、突然、腰に激痛が起こった場合を言います。

 

急性腰痛症とも言います。

 

体を動かすことで痛みを感じたり、痛みが強くなったりしますが、

安静にしていれば和らぎます。90%以上が6週間以内に良くなるとされています。

 

原因

椎間板の断裂・ヘルニア、腰椎の腰椎関節の捻挫や人体の軽い損傷、関節包のねじれやめくれが原因です。

ただし、急で痛い腰の痛みがすべてぎっくり腰とは限りません。

 

どんな姿勢を取っても痛い

発熱をともなう

冷汗が出る

 

と言った場合は、ほかの病気の可能性もあるので早めに受診をしてください。

 

治療

まずは、楽な姿勢で安静を保ちます。ぎっくり腰であれば、

しばらく安静にしていれば、痛みは徐々に軽くなります。

 

膝を曲げて横向きに寝たり、膝の下に毛布などを入れ、腰に負担がかからない姿勢を取りましょう。

 

冷たいタオルを当てたり、湿布をはったりするのもよいでしょう。

最近では、何日も安静にして寝ているのは日常生活に復帰するのが送れる原因となることがわかってきました。

痛みが治まってきたら、むりのない範囲で動くようにします。特に高齢者の場合、過度の安静は禁物です。

偏平足の原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

偏平足について

症状と特徴

長時間歩くと、土踏まずやふくらはぎに痛みや疲労感が出てきます。

足の裏の変形だけで、症状が現れないこともあります。

 

原因

人の足の裏には、歩行時・走行時の衝撃を和らげるアーチ構造があります。

この縦のアーチ構造が崩れると土踏まずがなくなり、衝撃を充分に吸収することができず、痛みが起きます。

先天性や外傷性などによるものもありますが、90%以上が体重を受け止めるためのじん帯や筋肉が弱くなり起こります。

 

治療

小児期の偏平足は成長に伴い自然に治ることがほとんどです。

思春期では、縦アーチを付けた足底いたの使用や、アーチを支える筋肉の強化を行います。

成人期でも同様ですが、変形性足関節症や後脛骨筋の機能不全が進むと手術が必要になることがあります。

【肩の痛み・運動】五十肩(肩関節周囲炎)について【原因・治療、対処法】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :夜間診療(平日夜10時まで)

みなさんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

今回は五十肩について解説していきたいと思います。

 

岐阜市でも多いですよね五十肩。四十肩という言い方もありますが全く一緒の病気です。

 

正式名称を肩関節周囲炎と言います。

 

腕を回してあげたり手を後ろの方に曲げながらら肩を動かすと痛みが走ったり、肩が上がらなかったりします。

 

五十肩の初期症状から比較的痛みが強い方が多い印象ですね。

 

五十肩が痛む時間帯は夜寝る前や朝方ジンジンと肩の痛いが強くなります。

 

 

だんだんと肩が上がらなくなり腕を上にまっすぐあげる事が出来ず途中まで上げると

痛みだったり引っかかったりした感覚になり

 

最後まで腕を上げることができなくなります。

 

地味ですが大変不便な病気です。

 

主婦の場合に困るのは洗濯もを干す事が難しくなります。

 

高い所い腕を上げることができないため地味ですが色々な制限がかかってしまします。

また自動車整備の方や電気工事の方のように仕事で腕を上にあげないといけない仕事が多い方は

仕事にも支障が出たりもします。

 

五十肩の原因としては加齢や神経の状態が悪くなり五十肩が起きるのですが、

肩をぶつけていたりホルモンのバランスが崩れていると起きたりします。

 

治療は腕や肩に負担をかけないことです。

重いものを持ったり無理に物を引っ張ったりおしたりしないことです。

 

そうすることで自然と治る場合があります。

入浴をして肩を温めたり湿布を張ったりすることも効果があります。

 

マッサージもいいですね。

痛くならない程度にかるくもんでください。

 

 

痛みが強い場合は病院で薬を出したり(痛み止め)患部に注射をすることもあります。

 

注射の種類もステロイドやヒアルロン酸、また麻酔薬で神経をブロックするブロック注射もあります。

 

色々な治療法がありますが一番大事なのは先ほども言ったように腕や肩に負担をかけないことです。

痛みが何日も退かず痛みが強くなっていく場合や長期の間いたみが改善し無し場合はかかりつけに相談してみましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形は2017年5月より平日夜10時まで夜間診療を開始いたします。

これまで時間帯が合わず通うことができなかった方に便利な環境を提供するためにこれからも努力してまいります。

【腰痛・運動】変形性腰椎症について【原因・治療、対処法】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :夜間診療(平日夜10時まで)

皆さんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

今日は腰痛についてお話したいと思います。

 

変形性腰椎症ですがこの病気は高齢者の腰痛の主要な原因の一つとなっています。

腰の骨は体重がかかりやすいので負担がかかりやすく加齢や労働などの影響を特に受ける場所でもあります。

 

腰がえらい、重い、痛い、すっきりしないなどの症状やお尻や太もも足にかけてしびれを感じることも多くあります。

変形性腰椎症がある方でも自覚症状がない場合も多くレントゲンをとり始めてわかったという患者さんもみえます。

 

原因としては過度の体重や長年の肉体労働による骨の変形です。骨だけではなく骨と骨の間にある椎間板と言われるところの変形も原因となります。

この変形が原因となり腰やその周囲の痛みやしびれの原因となるのです。

 

治療ですがレントゲンで偶然変形が見つかった方で痛みがない場合は治療の必要はありません。

 

 

また症状が軽い場合も治療が必要ない場合もおおく自分の生活を今まで通りおくっていただきます。

運動は可能な範囲で充分していただきますが腰に負担のかからない運動をします。

ストレッチ運動もよいでしょう。

 

運動をしない場合は筋肉が衰え骨を支える力が弱くなってしまうため過度な安静はとらないようにしてください。

 

症状が悪化する場合もあります。

 

体を温めるのもよい治療となります。

 

温泉やホットパックや超音波治療で患部を温めると炎症が和らぎます。

これを消炎鎮痛処置と言います。

薬をつか合う場合は非ステロイド系抗炎症薬や筋肉の緊張をとく筋肉弛緩剤、ビタミン剤などを使います。

 

また痛みが強い場合はコルセットを作る場合もあります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

今日は腰痛の原因である変形性腰椎症について解説をいたしました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形は2017年5月より平日夜10時まで夜間診療を開始いたします。

これまで時間帯が合わず通うことができなかった方に便利な環境を提供するためにこれからも努力してまいります。

【手首】腱鞘炎【原因・治療・対処法】 料理人や赤ちゃんを抱っこしているお母さんもかかってしまう。 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。

今日は腱鞘炎について解説していきたいと思います。

 

少し前にこんな相談を受けました。生まれて半年の赤ちゃんがいる

新米ママさんなのですが手が最近になって痛いとの事で

モゲル丸に相談がありました。

 

その方は手首が痛く抑えると痛みがありお話を聞いていると

赤ちゃんが泣き止まないのでずっとだっこしていないといけないとの事でした。

 

仕事や運動で手首が痛いのはたくさん見てきたのですが

若いママさんが手首が痛いのはあまり見たことがありませんでしたが、

赤ちゃんの抱っこを控えるように指導したところ痛みが引いていき抱っこは

パパさんと共同してするようになったとの事でした。

 

こういうこともあり今回は手首の痛みの原因となる腱鞘炎についてまとめたいと思います。

 

腱鞘炎は一般的に手の使いすぎによる痛みをいいますが症状は手首の親指側や親指や中指などの

根本の関節を動かしたり、触ったりするだけで強い痛みを感じるのが特徴です。

 

また腱鞘炎で手首が腫れてしまう場合もあり料理をするような仕事で手首をよく使う人や赤ちゃんを抱っこするお母さんもかかってしまうのです。

 

腱鞘炎の原因

筋肉と骨をつなぐ腱は腱鞘と言われるもので包まれています。

手指の腱鞘では繰り返し手や指を使うと腱の動きによる摩擦で炎症を起こしてしまい痛みの原因となってしまいます。

治療は痛みの原因となる作業や仕事、スポーツを控えギプスやテーピング、

サポーターなどをして安静を保ち炎症が静まるのを待ちます。

 

遺体には幹部を冷やしたり温めて血流をよくしたりすると効果的です。

 

薬は非ステロイド系抗炎症薬やビタミン剤を飲む場合があります。特にステロイドと局所麻酔の注射が効く場合があります。

慢性化した場合は手術をすることもありますが、まずこれらの治療を試してからかかりつけ医と相談してください。

 

いかがでしたでしょうか今回は腱鞘炎についてまとめてみました。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。