野球肩の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

野球肩

野球などで投球動作を繰り返したため生じる肩の痛みの事ですが

投球動作を主とするスポーツをしている人だけがなるわけではありません。

 

肩関節や周辺の組織の損傷が痛みを引き起こします。

 

損傷部位により、肩の前方、または後方が痛みます。

 

子供におこる場合は、リトルリーグショルダーとも呼ばれ、上腕骨の骨頭にある成長軟骨が骨頭から分離することもあります。

また、筋肉、腱、腱付着部の炎症である使いすぎ症候群の事も大変多く、発育途上の子供の過度な運動には注意が必要です。

 

原因

肩の関節包や肩関節に付着する腱や筋の損傷が原因です。

損傷部位は、上腕骨頭を覆う組織におこった炎症、腱板の損傷、関節内の軟骨の損傷なとがあります。

 

治療

4,5日間は投球動作を禁止するなど、まずは肩の安静を保ちます。痛みが続くような場合は、安静期間を増やします。痛みを和らげるために、消炎鎮痛剤の内服や、

湿布などを使用することもあります。

また、アイスマッサージや、アイシングも痛みの軽減には効果的です。腱板に蚊安全だんれtがある場合は、手術が必要です。

野球肩は予防が最も大切です。

 

腱板の機能を高め、肩を作るために筋力トレーニングとストレッチに勤めましょう。

また、供給前のウォームアップや、投球直後のアイシングやストレッチは、

炎症や損傷を慢性化させないためにも重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です