外反母趾の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

外反母趾について

 

症状

足の親指が外側(小指側)へ曲がり、変形していています。

 

拇趾の付け根の腫れや痛みのほかに靴を履いて歩くのが困難になります。

拇趾の付け根の痛みと共に赤く腫れたり、

足の裏にタコができたりして、歩くと痛みが強くなります。

 

又、偏平足を合併していたり、足の横のアーチ構造が低下していたりします。

 

外反母趾の原因

ハイヒールなど、先の細い靴を履くことで、拇趾への圧迫によるストレスが集中して起こるのが最も多い原因と考えられます。

 

自分の足の形に合わない靴を履き続けることでえ変形が進みます。

 

10代での発症は、遺伝的要素が強く、中年期にかけての発症は、体重増加、筋力の低下などが関係しています。

又、女性の多い病気です。

 

遺伝的要素としては、足の形や足趾間にあるじん帯や筋肉のゆるみや弱さなどが考えられます。

 

外反母趾の治療

足の変形がひどくても、痛みがない場合は治療しないこともあります。

痛みがある場合は、靴の変更、鎮痛薬の服用を行います。

程度が軽い人や痛みが少ない人には、装具を用いたり、運動療法などを行ったりします。

 

装具には、拇趾と第2趾のあいだに入れるベルクマン装具、

 

拇趾を内側へ引っ張る矯正装具、土踏まずを再現するような足底板があります。

痛みが強い場合や、変形のためにほかの足趾への影響が懸念される場合は、

手術を行います。外反母趾の変形の程度で術式は変わりますが、

よく行われるのは中足骨での矯正骨切り術です。

 

手術の主な目的は、痛みの軽減であるため、変形を元に戻すことではありません。

変形を進行させてないためには、靴の選択が重要となります。

 

ハイヒールや先の細い靴は避けて、土踏まずがしっかりとしていて

足の指が動かせる広い靴を選ぶようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です