にきび(尋常性ざ瘡)症状、原因について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 カメラ(内視鏡)経鼻内視鏡、睡眠内視鏡、夜間診療(平日夜10時まで)しています。

ニキビとは毛穴に皮脂がたまってでき始める病気で顔や胸、背中など、皮脂の分泌が盛んな箇所によく見られます

思春期に多くでき、成人以降でも見られます。

最初は毛穴に皮脂が詰まったメンボウと呼ばれる状態で、そこでニキビ菌が増殖すると赤いぶつぶつができたり、膿を含んで治りにくくなります。

さらに進行するとしこりができたり、後が残ったりします。

 

原因

ホルモンが関与していると言われますが、その詳しい仕組みはまだ解明されていません。

 

治療

毛穴のつまりにはアダパレンという塗り薬が効果的です。赤いぶつぶつや海を持った状態には抗菌薬や過酸化ベンゾイル製剤を使用します。

ニキビの跡を取るにはケミカルピーリングやレーザー治療がありますが、十分な効果は得られません。早期治療で後を残さないようにしなければなりません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です