逆流性食道炎の診断と治療について 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形外科

こんにちは岐阜市金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸です。

今日は岐阜市でもかなり患者さんの数が増えている逆流性食道炎について説明したいと思います。

 

逆流性食道炎の症状と特徴

強く不快な胸やけ感があります。そして吐き気や胃の不快感、げっぷなどがあります。

 

胃の中の内容物(ごはんや胃酸)が食道に逆流することによって胃カメラ(内視鏡)検査で食道粘膜にただれや潰瘍があるものを逆流性食道炎と言います。

胸やけ症状が強いのにも関わらず、胃カメラ(内視鏡)検査をしても所見(ただれ、潰瘍等)がないものを‘非びらん性胃食道逆流症‘と言います。

 

中年以降の肥満傾向の男性や高齢者で腰の曲がった女性に多く認めます。

逆流性食道炎がひどいと食道が狭くなり(狭窄とも言います)食べ物の通りが悪くなったり炎症(ただれ、潰瘍)の部位が出血して血の混じった嘔吐(吐くこと)や貧血の原因になったりします。

 

 

また逆流性食道炎が長期化すると食道腺癌の原因となるバレット食道になることがありますので、

胸やけの症状が続き逆流性食道炎かなと思ったら病院やクリニックで胃カメラで検査してみましょう。

金花堂クリニック内科・整形外科でも胃カメラ(鼻から、睡眠麻酔可能)検査を受けることができます。

 

逆流性食道炎の原因としては肥満や妊娠、便秘の方が多いとされています。

 

また年をとり腰が曲がってくるとお腹に無理がかかり逆流が起きやすくなり逆流性食道炎が発症してしまいやすくなります。

 

脂肪分の取りすぎも原因とされています。

 

他の原因としてはカルシウム拮抗薬を内服している方や食道裂孔ヘルニアという疾患をお持ちの方、ピロリ菌を退治した方、胃の手術をした方も逆流性食道炎の原因となると言われています。

 

最後に逆流性食道炎の治療ですが胃酸を抑える薬と生活改善がカギとなります。

 

ご飯を食べた後数時間は横にならない事、コーヒー、辛いものの刺激物、たばこ、飲酒を

避けていただくことで逆流性食道炎の症状の緩和になります。

 

あまりにもひどいと手術する場合もあるのですが初期の内ならまず手術はしなくてもいいので

胸やけやげっぷ、胃の不快感がある場合は病院やクリニック、内科さんなどのかかりつけに相談してみましょう。

 

逆流性食道炎早めに見つけてくださいね。

 

岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形外科院長 モゲル丸でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です