インフルエンザの合併症 インフルエンザ脳症 岐阜市六条南 金花堂クリニック内科・整形

こんにちは岐阜市 六条南金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸です。

岐阜市でも毎年インフルエンザの患者さんがたくさん発生していますがインフルエンザに合併症があることはご存知でしたか?

その中で特に岐阜市のお子さん(乳児、小児)にかかる恐れのあるインフルエンザの合併症、インフルエンザ脳症を悦明していきたいと思います。

 

5歳以下のお子さんに多いとされるインフルエンザの合併症です。

おこさんがその日に限ってぼんやりしていたり、呼びかけても反応が薄いなどの意識のうすい状態、

ひきつけ、意味不明な行動や言動をしたりする神経症状が発熱から翌日にかけて急激に現れます。

 

このような場合はすぐに救急病院や医療機関、クリニックに受診をしましょう。頭のCT等で異常がみられる場合があります。

このインフルエンザの合併症であるインフルエンザ脳症は回復しても麻痺や知的障害などの後遺症が残る場合もあるため一層の親から子供さんへの関心が求められます。

 

このインフルエンザの合併症の原因はインフルエンザウイルスへの体の免疫反応が

過剰に起き脳が腫れたり血管や内臓が障害を受けるためにおこると考えられています。

 

またアスピリンなどの解熱鎮痛剤である非ステロイド系抗炎症薬と言われる薬の使用が悪化要因だとも言われています。

なので多くの病院、クリニックでは解熱のために非ステロイド系抗炎症薬ではなく

アセトアミノフェンと言われる薬剤を使っています。

 

治療は状態に対する対処療法を行います。

発症直後の場合は抗インフルエンザ薬を使うと効果があると言われていますが

異常行動などを引き起こすこともあるので医師や親の観察が必要です。

 

熱やのどの痛みに対しては先ほど書いたように非ステロイド系抗炎症薬ではなくアセトアミノフェンを使います。

また特殊な治療法としてはメチルプレドニゾロンパルス療法やガンマグロブリン療法がおこなわれる場合があります。

 

インフルエンザは予防が大切です。手洗いうがいはもちろん予防接種も効果があると言われています。

本格的にインフルエンザが流行する前に予防を心がけましょう

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形外科院長 モゲル丸でした。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です