副鼻腔炎について その原因と治療 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

皆さんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

今日は副鼻腔炎のお話をしたいと思います。

副鼻腔炎とは鼻腔の周囲にあるいくつかの空洞(空間)を副鼻腔と言います。

副鼻腔と鼻腔に何らかの原因で炎症が起きることを副鼻腔炎と言います。

 

副鼻腔は狭い穴で鼻腔とつながっているため、副鼻腔にウイルスやばい菌(ばい菌)などの微生物が感染

し鼻腔内に炎症が起きると粘膜が腫れ分泌物が排出されるその分泌物が副鼻腔にたまりどんどん副鼻腔の炎症が悪化してしまいます。

 

副鼻腔炎の種類としては急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎がありますが症状は似ています。

鼻水、鼻づまり、頭痛などが主な症状です。

アレルギー反応を起こしやすい人や風邪をひきやすい人は副鼻腔炎になりやすいと言われています。

鼻の骨の曲がり、鼻中隔の形に異常がある人も副鼻腔炎になりやすいです。

 

急性副鼻腔炎ですが主な症状は鼻水です。

頭痛や発熱をする場合があり顔をうつむきにすると痛みが強くなる場合があります。

炎症がおきやすい所は頬の上顎洞です。

上顎洞の炎症の場合は歯が痛くなる場合もあります。

前頭洞(おでこ)に炎症が起きると目の周囲やおでこが痛くなります。

 

副鼻腔炎の原因としてはウイルスやばい菌などの微生物による感染が原因です。

風邪をひいた場合に起こった鼻腔の炎症が副鼻腔炎を引き起こす場合もあります。

合併症として咽頭や鼻炎を引き起こす場合もあります。

 

副鼻腔炎の治療はばい菌の感染の場合は抗生剤治療をする場合があります。

他には炎症を鎮める消炎剤やネブライザーと呼ばれる装置で蒸気をあてて喚起と分泌物の排泄を促すのも効果的です。

副鼻腔炎が重症化した場合には鼻の穴から上顎洞に針をさして膿を洗う方法も必要な場合があります。

 

次に慢性副鼻腔炎ですがこれは蓄膿症とも言います。

副鼻腔炎を放置した場合や副鼻腔にできた炎症が長い間続いた状態です。

慢性化した場合は鼻茸と呼ばれるポリープが見つかる場合もあります。

 

それによって鼻の通りが悪くなりますます副鼻腔炎が悪化します。

鼻が詰まると口呼吸になるので喉の乾燥が起きてのどの痛みや炎症の元となります。

 

そのほかに頭痛や発熱が起きる場合もあります。

副鼻腔炎の治療は鼻水の吸引や副鼻腔の洗浄、薬物治療などを行います。

症状が治らないほど長期になった場合は鼻の穴と副鼻腔をつなぐ手術をする場合もあります。

 

このように副鼻腔炎は様々な症状を引き起こし慢性化もあり得る病気と言えます。

手洗いやうがいマスクなどで予防していただき症状が長く続く場合は副鼻腔炎の可能性があります。

岐阜市の皆様もこのような症状が長く続いた場合は一度病院やクリニックに行きかかりつけ医に相談してください。ふく

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です