胃カメラで見つかる病気シリーズ⑤ 胃ポリープ 【初期症状、原因、治療】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :胃カメラ(内視鏡)経鼻内視鏡、睡眠内視鏡、夜間診療(平日夜10時まで)

みなさんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

今日は胃カメラ(内視鏡)で見つかる病気シリーズの第五弾をお話しようと思います。

 

胃カメラの本体

 

今回は自覚症状はなく健康診断で偶然見つかることの多い胃のポリープついて解説していきます。

 

胃のポリープは最近の胃カメラの普及で発見率が上がってきている病気です。

胃ポリープは胃にできる盛り上がった状態の組織の事を言います。

 

キノコを想像するとわかりやすいでしょうか。

もちろん色々な形がありすべてキノコのような形をしているわけでは

ありませんがわかりやすく言うとそういうことです。

 

内視鏡検査をすると5%くらいの確率でポリープが見つかります。

ポリープそのものには痛みはなく自覚症状は全くありません。

 

がしかしポリープからの出血やガンへの変化を見るためにポリープがある方は定期的に健診を行うことをお勧めします。

ポリープには何種類か種類がありますが

 

代表的なポリープは

 

①胃底腺ポリープ

②過形成ポリープ

③線種性ポリープ

です。

 

胃底腺ポリープ

ポリープの中ではがん化する恐れはなく治療の必要はありません。

胃底腺という組織の過形成が現認で一つ見つかる患者さんもいれば10個以上見つかる患者さんもいます。

ピロリ菌に感染し慢性胃炎になると数が減ったりなくなる場合もあるポリープです。

 

過形成ポリープ

胃線か上皮の過形成でごくまれではありますががん化する場合もあります。

慢性胃炎である萎縮性胃炎に伴って発言する事が多く色は赤く表面はごつごつした印象です。

 

ポリープの中には血管が走っておりこの血管から出血や炎症を引き起こすことがあります。

大きさが2㎝位になると胃カメラを使いポリープを取ることもあります。

 

線種性ポリープ

高齢者によく見られます。胃線種とも岩絵rます。

2㎝以上のポリープであれば半分くらいの確率でガン細胞が見つかります。

 

がん化する可能性があるポリープなので大きさが大きくなるのを

確認できたら胃カメラを使い切除する手術をします。

 

さていかがでしたでしょうか?

今回は胃カメラ(内視鏡)で見つかる病気編第三弾として胃潰瘍の内容をお伝えしました。

 

金花堂クリニックでは胃カメラ(内視鏡)を楽に受けていただくため経鼻内視鏡(鼻から胃カメラ)や

静脈からお薬を入れて寝ている間に行う睡眠内視鏡を行っています。

胃カメラの様子

関心がある方はお気軽にご相談ください。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長モゲル丸でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です