いびきについて~睡眠時無呼吸症候群の原因と治療についても解説~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :大腸カメラ(内視鏡)睡眠内視鏡、夜間診療(平日夜10時まで)

こんにちは岐阜市金花堂クリニック院長のモゲル丸です。

最近になって相談してくる患者さんがおおいですね。

 

家族にいびきがうるさいといわれたためどうしたらいいかとの相談をされる方が多いので

今日はそんないびきや、睡眠時無呼吸症候群について解説していきたいと思います。

 

疲労時や飲酒の後は、のどの筋肉が緩み上気道が狭くなるので、普段いびきをかかない人もかきやすくなります。

いびきは規則正しいリズムで起こっている場合は問題ありません。

 

しかし、何らかの理由で狭くなった気道に無理やり空気を通そうとすると時に起こる、呼吸の乱れをともなう、いびきは注意が必要です。

代表的なものは一時的に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群です。

 

いびきの原因として大きな割あいを占めるのは肥満ですが、鼻やのどの慢性の疾患、下顎が小さい、下の根本が大きいなどの耳鼻咽喉科の領域に原因があることも多いようです。

いびきは自分ではわかりませんが、人に指摘されるようでしたら、医療機関を受診し原因を突き止めた方が良いでしょう。

 

睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に呼吸が停止することで様々な問題が引き起こされる病気で、特に中年以降で肥満傾向のある、高血圧や心疾患を合併している男性に多く見られます。

7時間程度の水mんで10秒間の無呼吸が30回以上ある場合、もしくは1時間当たり10秒以上の無呼吸が5回以上起こる場合は診断の対象となります。

 

この病気はまれな病気ではなく、近年とても多くの人がかかっています。

 

放置いていると、昼間、非常に強い眠気に襲われたり、恒常的によく眠れない状態が続くために心臓血管系、内分泌系に負担がかかり個血圧、心不全、糖尿病、脳血管障害を

誘発あるいは悪化されるともいわれています。

 

疲れやすさ、集中力の低下なども顕著に指摘されます。

 

原因

睡眠中に呼吸運動が起こらなくなる中枢神経性睡眠時無呼吸と、

咽頭が閉塞して空気が通らなくなる閉塞性睡眠時無呼吸、低呼吸があります。

 

閉塞しやすい原因を作るのは主に肥満です。肥満によってのどの内側に脂肪が蓄積して空気が通りにくくなります。

 

また下あごが小さく、下が大きいために閉塞しやすい人もいます。

さらに、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、扁桃の肥大、飲酒や向精神薬などによる緊張性の低下も原因となります。

 

治療

軽症の場合は夜寝るよきに、枕を低くしたり、横向きで寝ることで気道が開き症状が軽快することがあります。

肥満傾向の人は、減量を心がけることも大切です。

 

慢性副鼻腔炎や扁桃肥大など鼻やのどの慢性病が原因になっている場合は、その治療を行います。

下あごが小さい人は、マウスピースの処方で警戒することがあります。

 

重症の場合は睡眠中、鼻につけたマスクから空気を流して呼吸を補助するn-CPAPと言う

機械による療法や鼻やのどの中を広くする手術を行うことがあります。

 

さていかがでしょうか?

今日はいびきの原因と睡眠時無呼吸症候群について解説いたしました。

岐阜市金花堂クリニック内科・整形外科院長モゲル丸でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いびきについて~睡眠時無呼吸症候群の原因と治療についても解説~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :大腸カメラ(内視鏡)睡眠内視鏡、夜間診療(平日夜10時まで)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です