不整脈の原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

症状と特徴

心臓の脈拍は、安静にしているときはゆっくりになり、

 

動いたり、興奮している場合、発熱しているときは早くなります。

 

なんの原因もないのに、脈がゆっくりになったり、はやくなったりまたは不規則になる状態を不整脈と言います。

 

脈拍が1分間に50回以下になると徐脈、100回以上を頻脈といいます。

一般に1分間に40回を下回ると、めまいや息切れなどの症状が出やすくなります。

 

また、120回をこえると頻脈は動悸や息切れ、胸痛、めまい、失神を起こすことがあります。

 

原因

不整脈は先天性のものと後天性のものがあります。

 

もっとも多いのは年齢によるもので、

 

30歳をこえるとどんな人にも軽い不整脈が見られる場合があります。

 

治療

不整脈は治療が必要でない物もありますが

 

心停止につながる危険なものもあります。

 

症状に応じて対処します。

 

いかがでしたでしょうか?

今日は不整脈について解説しました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形は平日夜10時まで夜間診療をしております。

これまで時間帯が合わず通うことができなかった方に便利な環境を提供するためにこれからも努力してまいります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です