ぎっくり腰の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

ぎっくり腰について

 

ほんのわずかな体位の変化、たとえば、ちょっと前かがみになった時や、

重いものを持ち上げようとした多度で、突然、腰に激痛が起こった場合を言います。

 

急性腰痛症とも言います。

 

体を動かすことで痛みを感じたり、痛みが強くなったりしますが、

安静にしていれば和らぎます。90%以上が6週間以内に良くなるとされています。

 

原因

椎間板の断裂・ヘルニア、腰椎の腰椎関節の捻挫や人体の軽い損傷、関節包のねじれやめくれが原因です。

ただし、急で痛い腰の痛みがすべてぎっくり腰とは限りません。

 

どんな姿勢を取っても痛い

発熱をともなう

冷汗が出る

 

と言った場合は、ほかの病気の可能性もあるので早めに受診をしてください。

 

治療

まずは、楽な姿勢で安静を保ちます。ぎっくり腰であれば、

しばらく安静にしていれば、痛みは徐々に軽くなります。

 

膝を曲げて横向きに寝たり、膝の下に毛布などを入れ、腰に負担がかからない姿勢を取りましょう。

 

冷たいタオルを当てたり、湿布をはったりするのもよいでしょう。

最近では、何日も安静にして寝ているのは日常生活に復帰するのが送れる原因となることがわかってきました。

痛みが治まってきたら、むりのない範囲で動くようにします。特に高齢者の場合、過度の安静は禁物です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です