岐阜市 クリニック 病院 金花堂クリニック モゲル丸 内科 整形外科 小児科 胃カメラ 大腸カメラ 内視鏡 経鼻内視鏡 鼻から胃カメラ 痛くない 辛くない 睡眠内視鏡 夜間診療 夜 遅く 院内処方 おすすめ すぐ 高血圧 糖尿病 高脂血症 慢性疾患 風邪 インフルエンザ 腹痛 胃潰瘍 胃炎 胃がん 大腸がん 喉 胃 おなか 頭 腰 背中 関節 痛い 交通事故 血液検査 尿酸 点滴 注射 血圧 健診 健康診断 評判 岐阜市 岐南町 穂積市 加納 笠松町 本巣市 大垣市 一宮市 名古屋市 各務原市 犬山市 江南市 羽島市 大野町 山県市 関市 美濃市 

ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

【夜間診療】金花堂クリニックは9月より毎日平日(月~金)夜10時までの夜間診療を行う体制が整いました。【岐阜市】

まだ蒸し暑さが続きますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

熱中症には気をつけて必ず水分補給を忘れずに行ってくださいね。

 

 

この度、岐阜市、金花堂クリニックでは地域住民の皆様の利便性の向上のため現在休診日でる木曜日を休診日からはずします。

この木曜日の夜間診療を2017年9月から開始することにいたしました。

夜間診療の時間帯は16:00~22:00と遅くまで診療しますのでお忙しい会社員の方や

遅い時間まで習いごとをして家に帰ってくるお子様の診察にも対応する事ができます。

また岐阜市の方だけではなく近隣の瑞穂市・岐南町・羽島市・各務原市などの方も来院していただいております。

 

加えて当院では院内処方を採用しており診察終了後に薬局に行き薬を再度処方するという手間がかかりません。

お薬は基本、当院で分包した形で医師から手渡しさせていただいております。

短期処方でも長期処方でもお薬はお待たせしないので大変好評を得ています。

 

薬の説明も医師から現物を見せて確認しながらお渡しするのでお薬について疑問がある場合でも

直ぐに質問することができるので納得し、安心してお薬を内服することができます。

 

金花堂クリニックは9月からはれて名実共に平日(月~金)毎日夜間診療を行って医療機関となり

地域の皆様の利便性生を考えるクリニックとしてこれからも努力してまいりたいと思います。

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

金花堂クリニックスタッフ一同

 

岐阜市・瑞穂市・各務原市・本巣市・羽島市・各務原市・山形市・美濃市・一宮市

大垣市・関市・犬山市・江南市・名古屋市・小牧市・清須市

 

岐阜市 夜間診療

先月より始まった平日夜間診療ですが

岐阜市だけではなく近隣の岐南町や羽島市、各務原市、瑞穂市などからも患者さんが来てくださっています。

夜間も安心して受診したいと思われるクリニックになるためにこれからも努力してまいります。

☎058-216-0873

地図

岐阜市 特定健診が開始となりました。

今年も岐阜市では特定健診がスタートしました。

特定健診とは2008年から始まり、40歳から74歳まで公的医療保険加入者全員を対象とした健診となります。

特定健診の項目は

 

  1. 既往歴(過去の病気の内容)(服薬歴及び喫煙習慣)
  2. 自覚症状及び他覚症状があるかどうか
  3. 身長、体重、腹囲
  4. BMI
  5. 血圧
  6. GOT、GPT、γ-GTPの肝機能検査
  7. 中性脂肪、HDLコレステロール(善玉)、LDLコレステロール(悪玉)
  8. 血糖
  9. 尿検査

の項目が含まれています。

ご自身の体の状態を知る良い機会になりますので

対象の方はぜひ受けるようにしましょう。

地図

にきび(尋常性ざ瘡)症状、原因について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 カメラ(内視鏡)経鼻内視鏡、睡眠内視鏡、夜間診療(平日夜10時まで)しています。

ニキビとは毛穴に皮脂がたまってでき始める病気で顔や胸、背中など、皮脂の分泌が盛んな箇所によく見られます

思春期に多くでき、成人以降でも見られます。

最初は毛穴に皮脂が詰まったメンボウと呼ばれる状態で、そこでニキビ菌が増殖すると赤いぶつぶつができたり、膿を含んで治りにくくなります。

さらに進行するとしこりができたり、後が残ったりします。

 

原因

ホルモンが関与していると言われますが、その詳しい仕組みはまだ解明されていません。

 

治療

毛穴のつまりにはアダパレンという塗り薬が効果的です。赤いぶつぶつや海を持った状態には抗菌薬や過酸化ベンゾイル製剤を使用します。

ニキビの跡を取るにはケミカルピーリングやレーザー治療がありますが、十分な効果は得られません。早期治療で後を残さないようにしなければなりません。

 

早期胃がんがんの症状、治療について 胃カメラで見つかる病気シリーズ⑨ ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 カメラ(内視鏡)経鼻内視鏡、睡眠内視鏡、夜間診療(平日夜10時まで)しています。

早期胃がんについて

症状と特徴

早期胃がんの半数以上は症状がありませんが、胃痛、胃もたれ、

胸やけやげっぷ、食欲不振、吐き戻しなとが見られる場合もあります。

 

治療

がんの広がりが粘膜内に限られ、リンパ節転移のない場合は、内視鏡を使った粘膜切除術を行います。

最近ではより確実に切除できる内視鏡的粘膜下層剥離術が普及しています。

 

体内に1㎝程度の穴をいくつか開けて腹腔鏡をそこから挿入し、

胃切除およびリンパ覚醒を行う腹腔鏡手術も行われています。

 

内視鏡の先端からレーザー光線を照射するレーザー療法を行うこともあります。

 

開腹を行わず切除範囲をなるべく小さくする縮小手術は、術後起こる合併症少なくし、

入院日数が少なくて済むので、早期に社会復帰をすることができます。

 

早期がんの場合は、切除手術だけで回復する場合が多く、

抗がん剤を用いる化学療法の必要はないとされています。

しかし、がんがリンパ節に転移している場合には、通常の胃切除手術や、

胃の首位のリンパ節や周囲の臓器も大きく切除する拡大手術に、化学療法を組み合わせて行います。