【血圧・糖尿病など】ジェネリック医薬品(後発薬品)について【メリット・デメリット】 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

皆さんはジェネリック医薬品ってご存知ですか?

よく病院やクリニックで処方箋をもらい薬局に行くとジェネリック医薬品にしませんか?

 

成分は一緒ですし値段もお安くなりますよとジェネリック医薬品に変えたこともある方も多いかと思います。

ジェネリック薬品とは

 

今日はそんなジェネリック医薬品についてご説明したいと思います。

 

そもそもジェネリック医薬品というと偽物とかまがい物なんてイメージされる方も多いのですが

ジェネリック医薬品とはいわゆる後発薬品といわれるものです。

 

ジェネリック医薬品=後発医薬品です。

 

ではジェネリック医薬品(後発薬品)とは何でしょうか?

 

では後発薬品ではない先発医薬品から勉強していきましょう。

 

先発医薬品とは名前の通り製薬会社が開発費をかけて一番最初に作り出した薬の事です。

一番最初に作っているので競争相手はいませんね。

 

また医薬品は開発されてから一定期間の間は開発した薬品会社が独占的に製造、販売を行うことができます。

こうすることで先にかけた膨大な開発費用を回収します。

 

この一定期間を特許期間といい独占的に製造販売を行うことができるのです。

 

このように最初に開発した薬品会社の薬を先発医薬品と言います。

 

これに対し特許期間が過ぎた後で開発した会社とは別の薬品会社によって製造、販売されるお薬をジェネリック医薬品(後発医薬品)と呼びます。

 

ジェネリック医薬品は厚生労働省が主成分とその効果が同じであることを確かめているものですから偽物とかまがい物ではありません。

しかも開発費が最小限で済むため先発医薬品に比べ値段が安くすむというメリットがあります。

値段は大体がほぼ半額近くになるイメージですね。

 

ではジェネリック医薬品は先発医薬品と全く一緒なのでしょうか?

デメリットはないのでしょうか?

確かに先発品と主成分は同等です、しかし主成分以外の添加される物質が異なる場合があります。

 

そのために先発品では起きなかったアレルギー反応等の副作用が起きたり、

体内で吸収される時間が変わったりして効き方が先発品と違うと感じる場合もあります。

 

また先発品では必ず行われる温度や湿度のによる薬品の劣化を調べる試験は後発品では実施する義務はありません。

そのため品質の劣化の速度が先発品と違う場合もあります。

 

ジェネリック医薬品を望まれる場合は?

全ての薬でジェネリック医薬品があるわけではありません。

 

今飲まれている薬をジェネリックに変更する場合は医師や調剤薬局、

または院内処方を行っている病院やクリニックにその内容をお伝えください。

 

岐阜市金花堂クリニック内科・整形では豊富なジェネリック薬品を取り揃えています。

高血圧症や糖尿病、高脂血症などの慢性疾患(持病)をお持ちでたくさんの薬を飲まれている方は

ジェネリックすることによりお薬代がかなり安く抑える事ができると思います。

 

なお岐阜市金花堂クリニック内科・整形はお薬を原則すべて分包してお出ししていますが別途料金はいただいておりません。

特に高齢者の方は薬が飲みやすくなるのでおすすめです。

 

分包することによりお薬の飲み忘れや誤飲を防ぐことができ

安全、安心のお薬を医師から患者様に直節手渡ししております。

 

是非一度ご相談ください。

 

今回はジェネリック医薬品について説明をさせていただきました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。

糖尿病の合併症 糖尿病網膜症 岐阜市 六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市 六条南金花堂クリニック内科・整形の院長 モゲル丸です。

 

今日は糖尿病の合併症の中で3大合併症と言われる合併症の一つである糖尿病網膜症について解説します。

糖尿病というのは初期の段階ではほどんど自覚症状がありません。末期になるにつれ重い合併症が併発する可能性があるので

初期の内に診断し血糖のコントロールを行うことで末期に起きる各種合併症を防ぐことができます。

 

糖尿病網膜症も初期にはほぼ自覚症状がないのですが末期や症状が重症化すると失明する可能性が大きくなるため

やはり末期になる前の初期の内に糖尿病を見つけ治療したいですね。

 

それでは糖尿病網膜症の解説をしたいともいます。

そもそも糖尿病は末期になるにつれ合併症が起きてきます。糖尿病腎症、糖尿病神経症そして今回説明する糖尿病性網膜症です。

 

これらを合わせて三大糖尿病性合併症と言われています。

これら糖尿病性の合併症は糖尿病を発症してから数年から10年以上たってから発症する場合がおおく初期の内はほとんど自覚症状はありません。

自覚症状は末期、特に重症化した時に自覚症状がでるのですが症状が出るころには相当、糖尿病の症状が進んでいる末期の状態がほとんどです。

 

糖尿病性網膜症と言われる合併症は初期の段階の単純糖尿病網膜症と言われる状態から前増殖糖尿病網膜症そして末期、重症段階の増殖糖尿病網膜症と目の合併症が進んでいきます。

単純糖尿病網膜症はもっとも初期の段階の目の合併症でありますが自覚症状は有りません。しかし目の状態の変化を見ていくため半年に一度は病院やクリニックに行き眼底検査を受けるようにおすすめします。

次に前増殖糖尿病網膜症と言われる合併症ですがこの段階でも自覚症状は有りません。網膜の血管が詰まり白い斑点やむくみが現れます。この時に目の毛細血管が増殖していくためこのような名前の病気になっています。この場合は2~3か月に1度病院やクリニックに行き眼底検査をおすすめします。

 

最後に増殖糖尿病網膜症と言われる合併症ですがこれはかなり重度、末期の状態です。毛細血管の増殖が進みこのよわい毛細血管が破れた場合硝子体出血といわれる大出血をする場合があり

出血が起きると網膜剥離を引き起こし最悪の場合失明することがあります。一度失明すると視力は糖尿病が治ったとしても治らない場合が多いのが現状です。

日本では年間3000人くらい失明していると言われています。

こうなる前に目のかすみやゆがみの症状が出た場合には病院やクリニックのかかりつけに相談してみましょう。

 

このような状態にならないためにも糖尿病を初期の段階で見つけだし末期になる前治療する必要があります。

初期で当病病を見つけたら運動療法や食事療法また投薬等の内科的治療で血糖値のコントロールを行います。

糖尿病網膜症がすすんでしまった場合は目の奥の毛細血管の増殖を防ぐためレーザー光線を使う治療をします。

毛細血管の増殖をおさえて合併症である毛細血管の破裂を防ぐためです。

ただこれは網膜出血と言われる合併症を防ぐには有効ですが失った視力を回復させることは困難なのです。

 

硝子体出血や網膜剥離、あるいは黄斑の浮腫が進行している場合は硝子体を取り除く手術を行います。

この手術もやはり失った視力を回復するこは難しく出血の予防的な手段となります。

 

若年性の糖尿病は特に進行が速いのでこのような末期の状態まで進行させず初期で見つけ初期で治療することが大切なのです。

 

いかがでしたでしょうか?

今日は糖尿病の合併症として糖尿病網膜症を解説しました。

 

岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形 院長モゲル丸でした。

肺炎の症状、原因と治療について 岐阜市 六条南金花堂クリニック内科・整形外科(岐阜市の院内処方の病院です。)

皆さんこんにちは岐阜市 六条南金花堂クリニック内科・整形外科院長 モゲル丸です。

今日はお子さんや高齢者に多い病気で肺炎について説明したいと思います。

 

岐阜市でもインフルエンザや風邪が流行っておりお子さんや高齢者の方が肺炎になってしまい入院になってしまっているケースも大変多いです。

このブログを通じて少しでも岐阜市の方に肺炎の事を知ってもらえれば幸いです。

 

症状と特徴

主に病原菌や病原ウィルスなどの微生物が人間の肺の中にある肺胞と呼ばれる場所に感染して起こる肺の炎症の事を肺炎と言います。

熱があがり時に高熱になります。そして頭痛や悪寒(寒気)、関節痛や全身の倦怠感の他、ひどい咳や痰、呼吸が苦しくなるなどの症状がみられます。

 

肺炎が悪化すると心臓の鼓動が激しくなったり呼吸数(息をする数)が多くなったり高熱による脱水症状も現れます。

 

肺炎の種類

肺炎にはたくさんの種類がありますが大きくは感染、発症した場所によって3種類に分類できます。

①市中肺炎(病院の外、一般家庭にいながら発症する肺炎)

②院内肺炎(入院中、病院の中で発症する肺炎)

③医療・介護関連肺炎(介護施設なのでかかる肺炎)

と分けることができます。

 

では肺炎を引き起こす代表的な例についてお話しましょう。

 

細菌性肺炎

咳、膿(うみ)のような痰、高熱、寒気、全身倦怠感、食欲不振などがよく起きる症状の一つです。

原因となる菌は肺炎球菌、インフルエンザ菌(インフルエンザウイルスとは違います。紛らわしいですよね。)、黄色ブドウ球菌などのばい菌(細菌)が原因菌となります。

市中肺炎ではウイルス感染などによる上気道(のどや気管)の炎症から次の段階に病気がすすんでしまい肺炎を発症する場合が多いです。

なので風邪をひいた場合は無理をせず安静にして体を温め、水分を少しずつ取りましょう。

また各市町村では高齢者に対し肺炎球菌による肺炎予防の目的で肺炎球菌のワクチン接種の補助を行っています。

 

ウイルス性肺炎

喉の痛み、鼻水、空咳などの症状のほかインフルエンザウィルスが原因となる肺炎の場合、高熱が出る場合があります。

インフルエンザウイルスやRSウイルス、アデノウィルスなどのウイルスも肺炎を引き起こします。

とくにインフルエンザは、ちいさなお子さん(小児)、高齢者、慢性の呼吸器疾患(肺気腫等)をおもちの方は肺炎の症状が重くなる可能性があるので注意が必要です。

肺炎の治療はウイルスを退治する抗ウイルス剤を使ったり細菌の2次感染を引き起こした肺炎の場合は抗生剤使うこともあります。

肺炎の症状が重い場合は酸素を吸入による治療が必要な場合もあります。

お子様や高齢者、そして慢性の肺疾患をお持ちの方はインフルエンザが流行る前に予防接種を行い肺炎を予防しましょう。

 

マイコプラズマ肺炎

空咳と激しい咳が特徴です。

小学校、中学校、青年期にかけて健康な若者もかかってしまう肺炎です。

治療は抗生剤の中でもマクロライド系やテトラサイクリン系、ニューキノロン系の抗生剤で治療をします。

他の抗生剤は効かないのでしっかりとした検査をして原因を探らなくてはいけません。

 

いかがでしたでしょうか?4月とは言え岐阜市ではまだまだインフルエンザや風邪が流行っています。

しっかりとした予防(手洗い、うがい、マスク等はおすすめの予防法です。)をして肺炎にならないようにしましょう。

 

岐阜市 六条南金花堂クリニック内科・整形外科 モゲル丸でした。

岐阜市 金花堂クリニック内科・整形外科 おすすめの民間療法その③

こんにちは岐阜市 金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸です。

今日は金花堂クリニック内科・整形外科おすすめの民間療法 その③として

胃腸によい民間療法を紹介したいと思います。

 

 

今日のおすすめの民間療法は!!

 

梅しょう番茶です。

まえにもお伝えした方に岐阜は美味しいお茶が取れるので番茶を利用したおすすめの民間療法です。

使う材料は①梅干し1個 ②醤油小さじ1杯 ③おろしショウガ適量 ④番茶ゆのみ分目です。

作り方は種をとった梅干しを小さじ一杯の醤油と練ります。

練った梅干しとおろししょうがを入れた湯飲みに番茶をそそぐだけで完成です。

この簡単さもみなさんにおすすめできる理由です。

 

簡単でしょ?

 

これらそれぞれに健康によい成分が入っているのでこれらの成分が一緒になった梅しょう番茶は本当におすすめです。

胃腸の調子が振るわない時には消化を助けてくれる成分が入っている梅やショウガが良いです。

特に梅に入っている豊富な成分であるクエン酸やしょうがのジンロゲンやショウガオールは腸の中にいる悪い悪玉菌を抑えるする作用があり

腸内の環境を整える成分です。

 

お茶に入っているタンニンは下痢にも効くのでおすすめです。

 

胃腸の調子がおかしい時や軽い下痢症状が出た時に試してみてください。

病気になったらすぐに内科や病院クリニックに行くのもよいのですが

症状が軽い初期症状の時には落ち着いてご自身の体を信じてこういう民間療法を試すのも悪くはありません。

 

もちろんそれの後で症状が良くならなかった場合や症状が悪化した場合は病院やクリニックにかかってほしいのですが

 

このような民間療法は昔からあるおばあちゃんの知恵袋的にずっと大昔からある民間療法なので試してみる価値はあると思います。

 

ただ何度もいうのですが症状が強い場合や小さなお子様でいつもと症状が違うという場合はすぐに病院やクリニックの先生に診てもらいましょう。

 

民間療法と西洋医学をうまく使い分けることによって無駄な出費を抑え知恵もつくし一石二鳥ですね。

 

まさにおすすめ!

 

今日は胃腸に効く金花堂クリニック内科・整形外科がおすすめする民間療法その③でした。

 

岐阜市における風邪の流行について おすすめの民間療法 金花堂クリニック内科・整形外科

こんにちは。金花堂クリニック内科・整形外科の院長モゲル丸です。

さて4月も中旬にさしかかるなか岐阜市では風邪がまだ流行っている印象です。

当院でも先日インフルエンザBの発生を確認しておりまだまだ流行風邪、インフルエンザに注意を呼び掛けています。

風邪というと内科的には薬を飲むということになりがちですが、まずはご自身の免疫で風邪を退治してみることをおすすめします。

そこで金花堂クリニックおすすめの民間療法を試してみてはいかがでしょうか?

風邪のひきはじめの症状がまだ軽いうちは内科さんやクリニック、病院さんに行く前にまずはこれを試してみて、流行している風邪をやっつけてみましょう。

内科さんやクリニックに行くのはその後でも遅くありません。

ぜひ、クリニックや病院さんに行く前に家庭で手洗いやうがいを習慣づけるのも

流行っている風邪やインフルエンザを予防するのにおすすめです。

 

まずはお茶でうがいをしてみましょう。(一番簡単な方法なのでおすすめです。)

お茶の中にはカテキンという成分が入っており風邪やインフルエンザの粘膜感染や殺菌成分が入っておりおすすめです。

岐阜市には多くのお茶屋さんがあるのでお茶でのうがいをしてみてはいかがでしょうか?値段も安くおすすめです。

ちょっと前からカテキンが流行り有名になりましたよね。

岐阜には有名なお茶の産地もあり地産地消で岐阜のためにもなり風邪やインフルエンザの予防にもなる・・・

まさに一石二鳥です。(周りの方にもおすすめしましょう。)

モゲル丸院長もまず最初に試す方法です。風邪の予防になります。

 

大根シロップもおすすめです。

岐阜市のホームページにもあるように岐阜市では大根がとれます。

大根にも風邪にきく成分が入っており大根をさいころ状に切って器にいれ、そこにはちみつをかけ一晩寝かせます。

シロップをそのままなめてもよし、岐阜のお茶と混ぜて溶かして飲んでもよし。大変味もよくおすすめできます。

モゲル丸院長も試してみましたが美味しいです。本当におすすめです。

しかしはちみつは1歳未満の子供には飲ませないように注意しましょう。

このように昔、内科も病院もクリニックもない時代から伝わる民間療法ですが今でも風邪やインフルエンザの予防で使われています。

特に岐阜市では取れる野菜の数も種類も多く味も美味しいため内科さんやクリニック、病院さんにかかる前にこのような民間療法をためすのもおすすめです。

まずはこのような方法を試してみてそれでも風邪の症状が消えない場合、または悪化する場合はお近くのかかりつけに受診をしてください。

このように金花堂クリニック内科・整形外科では皆様にお役に立つ情報を発信していきます。

これからもよろしくお願いします。