かぶれ(接触性皮膚炎)の原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

接触性皮膚炎、かぶれについて

症状と特徴

刺激やアレルギーを起こす物質に接触することで、その部分が赤く腫れたりぶつぶつや水膨れになることを言います。

痛みやかゆみを伴うことが多いようです。

 

接触性皮膚炎は原因となる物質によって、

塩酸や強アルカリ物質などの刺激があるものによる刺激性接触性皮膚炎、

金属や化学物質によるアレルギー性接触性皮膚炎、

太陽光も関連して起こる光接触皮膚炎などに分類されます。

 

治療

まずは症状をおわえる民にステロイドの軟こうを使用します。

かゆみが強い時は抗ヒスタミン薬や高アレルギー薬を内服します。

 

症状が重症の時はステロイドの内服や、医師による観察と管理が必要になります。

原因物質を調べて、その後は原因物質と接触しないようにします。