胸郭出口症候群の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

胸郭出口症候群

腕や肩、首筋の症状がつよく、腕がしびれ、肩がこり首が重く感じられます。肩から、首が重く感じられます。

肩から肩甲骨にかけてこわばって痛み、さらに、肩から指先に向けて痛みが走り、

指に腫れぼったさやだるさ、冷えが感じられます。

 

朝起きた時に両手がしびれる、吊革につかまった時に手がしびれることもあります。

この病気は、なで肩の女性に多く、初期の内は姿勢を変えると症状が軽くなったり、

消えたりしますが、次第に姿勢に関係なく症状が現れるようになります

 

胸郭出口症候群の原因

胸郭出口症候群とは、胸の第一肋骨と鎖骨の間にある筋肉の隙間部分のことをいます。

この出口には血管からでた血管と、首の脊髄から枝分かれした腕神経叢が通っています。

 

この血管が圧迫されると腕や肩の痛みやしびれなどの神経症状が生じます。

 

胸郭出口症候群と言うのは、生まれつき頸椎に頸肋という肋骨がついているために

胸郭出口の血管神経が圧迫されて生じる頸肋症候群、頸椎を取り囲む諸角菌が緊張して

胸郭出口の神経血管を圧迫して生じる斜角筋症候群、第一肋骨と鎖骨の間が狭くなって起こる肋鎖症候群、

わきの下にある小胸筋が、腕の横に伸ばしたまま持ち上げるときの肩の外転により緊張して起こる

過外転症候群などをまとめたものです。

 

 

胸郭出口症候群の治療

症状が軽い場合は、自然に治ります。しかし、中には徐々に進行する人もいます。

 

治療法としては、肩や首を動かす、軽い体操程度の運動と温熱療法を行い

痛みが耐えがたいご期には、消炎薬や鎮痛薬を服用したり、局所麻酔で痛みを散らしたりします。

 

日常生活では、重い荷物を肩に下げないようにし、猫背の姿勢を取らないように注意します。

症状が改善しない時は、原因に合わせて手術を行う場合もあります。

 

坐骨神経痛の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

坐骨神経痛について

 

坐骨神経痛とはふとももから足にかけての痛みであり坐骨神経が刺激されると

お尻の片側や太ももの後ろ、ふくらはぎが痛み、かかとやくるぶしまで痛みが響くことがあります。

 

坐骨神経痛の痛みは、安静にしていても続くことが多く、体を曲げると痛みが強くなります。

そのほかに、足のしびれや感覚鈍化、腱反射の異常、歩行障害がみられることがあります。

痛みを軽くするために痛まない方の足に体重を掛けていると、荒田が横に曲がった姿勢(坐骨神経側弯症)になることもあります。

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、変形性腰椎症などのために、坐骨神経が刺激、圧迫されることによります。

帯状疱疹、糖尿病、アルコール依存症などが原因となることもあります。

 

坐骨神経痛の治療

脊椎に異常がある場合は整形外科、神経自体の原因と思われる場合は神経内科の担当になります。

整形外科では、薬やけん引療法、装具療法、温熱療法、時に手術も行われます。

神経内科では保存療法、鎮痛剤や消炎剤などの処方が行われます。