胃カメラで見つかる病気シリーズ③ 胃潰瘍【初期症状、原因、治療】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :胃カメラ(内視鏡)経鼻内視鏡、睡眠内視鏡、夜間診療(平日夜10時まで)

みなさんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

今日は胃カメラ(内視鏡)で見つかる病気シリーズの第三弾をお話しようと思います。

今日のお話はあの痛い痛い胃潰瘍について解説していきます。

胃カメラの本体

胃潰瘍は中年以上の方が多くかかる病気ですが若年性の胃潰瘍も存在します。

 

胃潰瘍の症状

胃潰瘍の症状としては空腹時、そしてご飯を食べあ後にズーンと重い不快感が続き、しばらくするとキリキリ胃が痛む症状が続きます。

胃カメラをしてみると胃潰瘍は胃の粘膜に何かでくりぬかれたような凹型の穴が確認できます。

 

胃潰瘍の凹の穴から出血している場合もあり血の量が多い場合は胃の中が血で満たされていひどい場外の場合もあります。

胃潰瘍は一つとは限らず2つ3つまたそれ以上の胃潰瘍が同時jに起きる場合もあります。

 

胃潰瘍の痛みで胃の不快感が起き嘔吐をすると血が出ている場合は吐血の原因となるのです。

また赤い血が胃酸と混ざり酸化して黒色に変化します。

 

この黒い血が大腸を通って便と一緒に出てくりと黒色便と言われるいわゆるタール便と言う形で出てきます。

このように派手な症状が起きて胃潰瘍だと気づく方も中にはいらっしゃいます。

 

 

実は胃潰瘍と十二指腸潰瘍を比較すると日本人と西洋人を比べた場合は胃潰瘍日本人が多く、西洋人は十二指腸潰瘍の方が多いんです。

面白いですよね。

 

胃潰瘍の原因

胃潰瘍はヘリコバクターピロリ菌に感染している場合、胃潰瘍の発症のリスクが高いことが知られています。

 

ピロリ菌を除菌をすると胃潰瘍が治るだけではなく胃潰瘍の再発のリスクもぐっと減ります。

胃カメラやピロリ菌の除菌は皆さんが普段よく使う健康保険の適応を受けられるため非常に便利に除菌することができます。

 

ピロリ菌以外の原因はいわゆる痛み止めの種類によって胃潰瘍ができたしまう場合があります。

またステロイドや抗がん剤などの薬も一因です。

 

また現代社会においてはストレスも一因となっています。

 

胃潰瘍の治療

胃潰瘍の治療は胃酸を抑える薬での治療が一般的になりました。

一昔前までは胃潰瘍で手術をする人も多かったのですが最近の治療はまず薬で胃潰瘍を治すのが主流です。

 

実際金花堂クリニックで治療を行った胃潰瘍の写真をおみせます。

これは痛いが強く胃カメラをしたときの写真です。

もう少しで胃に穴が開くところでした。

胃潰瘍重症

 

↓胃潰瘍の投薬治療3週間後です。少しずつ潰瘍が小さくなってきました。

胃潰瘍治療開始3週間

痛みもこのころにはだいぶ改善してきました。

 

 

治療2か月が経過した時の写真です。だいぶ穴がふさがってきましたね

胃潰瘍治療2か月後

食事も普通にとれるようになりました。

 

 

胃潰瘍の原因となるピロリ菌の除菌の方法は3種類のお薬を7日間内服するによって7-8割くらいの方が除菌に成功しています。

1回目の除菌ができなかった場合はお薬を変えてまた7日間の除菌をします。

 

胃潰瘍の出血がある場合は胃カメラで止血も行います。

凹の穴に血管が見えていてそこから出血をしている場合は医療用のクリップで血管を挟み出血を止めます。

 

また止血剤を胃の中にまいてこれ以上の出血を止める薬を使う場合もあります。

 

胃潰瘍の時に気を付けないといけない食事の内容にも触れておきましょう。

ピーナッツのような固いものや食物繊維の豊富な食事は胃が良く動き固いものは刺激になるので避けましょう。

 

消化に悪いものは避けコーヒーやアルコールお酒も飲まないでください。

薄いおかゆや素うどんなどが適していると思われます。

 

胃潰瘍の時に病院に行くときのサインとしては胃の痛みが長く続いた時ですね。

3,4日、経っても症状が治らない場合や吐血や黒色便出た時にはすぐに医療機関の受診をお勧めします。

 

さていかがでしたでしょうか?

今回は胃カメラ(内視鏡)で見つかる病気編第三弾として胃潰瘍の内容をお伝えしました。

 

金花堂クリニックでは胃カメラ(内視鏡)を楽に受けていただくため経鼻内視鏡(鼻から胃カメラ)や

静脈からお薬を入れて寝ている間に行う睡眠内視鏡を行っています。

胃カメラの様子

関心がある方はお気軽にご相談ください。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長モゲル丸でした。

胃カメラで見つかる病気シリーズ① 急性胃炎【初期症状、原因、治療】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :胃カメラ(内視鏡)経鼻内視鏡、睡眠内視鏡、夜間診療(平日夜10時まで)

みなさんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

今日は胃カメラ(内視鏡)で見つかる病気シリーズの第一弾をお話しようと思います。

胃カメラの本体

その第一弾の病気は急性胃炎です。

 

胃炎、胃炎とは聞いたことがあるものの胃炎でどんな病気か答えられる方は以外に少ないのではないかと思います。

 

胃炎は急性胃炎と慢性胃炎に分けられますが今日は急性胃炎についてお話します。

急性胃炎の症状

急性胃炎は初期の場合は主に腹部の不快感から始まり

その後急性的つまり短い時間の間に症状が出る胃炎を急性胃炎と呼びます。

 

胃の粘膜に炎症が起きると急激な胃の痛みが起きます。

胃の痛みはお腹で言うとみぞおち当たりの痛みになります。

 

痛みのほかに思い感じであったり、吐き気、嘔吐、食欲がなくなるなどの症状が出ます。

また症状が進んでくると熱が出たり血を吐いたり血便や黒色便が出たりすることがあります。

症状が軽い場合は食事にこを付けて安静にしていれば2,3日で治ります。

 

急性胃腸炎で胃カメラ(内視鏡)の検査をすると、食道、胃、十二指腸にわたって

赤みや出血、潰瘍が見られる場合があります。

胃からの出血

 

炎症がひどくなると急性胃粘膜病変という激痛を伴う胃炎の状態になることもあります。

急性胃炎の原因

急性胃炎の原因はストレスや暴飲暴食、ばい菌、ウイルスなどの感染症やアレルギー、また薬によるものなど原因は様々です。

 

急性胃炎の治療ですが胃炎が軽い場合は水分を少しずつ取りながら

胃を休ませ安静にすることによりほとんどの場合は治ってしまいます。

 

水分はこまめに補給しますが無理やりのむ必要はありません。

 

少しずつ少しずつ飲んでください。

 

吐き気や胃痛が治まってきたら消化に良いおかゆやうどんなどを少しずつ食べてみましょう。

痛みがひどくならない場合は少しずつ量を増やし通常の食事に戻していきます。

 

では症状が重い場合は?

 

病院での検査、治療

吐血や痛みが非常に強い場合は食事はとらず医療機関の受診をお勧めします。

出血の原因や胃の状態を確認するために胃カメラ(内視鏡)をする場合があります。

 

また状態を見て必要ならば点滴をしたり症状が強い場合は入院をしたりします。

治療薬としては胃酸を抑える薬や水分補給のための点滴、胃粘膜保護薬などで治療をしていきます。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は胃カメラ(内視鏡)で見つかる病気編として急性胃炎の内容をお伝えしました。

 

金花堂クリニックでは胃カメラ(内視鏡)を楽に受けていただくため経鼻内視鏡(鼻から胃カメラ)や

静脈からお薬を入れて寝ている間に行う睡眠内視鏡を行っています。

胃カメラの様子

関心がある方はお気軽にご相談ください。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長モゲル丸でした。

 

 

【ストレス・疲れ】蕁麻疹:じんましんについて【原因・治療、対処法】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

みなさん。こんにちは岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

暖かくなってきましたね。とても過ごしやすい日が続いております。

 

 

さて今回は蕁麻疹(じんましん)についてお話したいと思います。

 

岐阜市の方もこの蕁麻疹になってしまったなんて方は多いのではないでしょうか?

 

大きな病院の救急外来にいるとかなり蕁麻疹の患者さんがいることに驚きます。

 

蕁麻疹は皮膚に派手な発疹がでるので驚かれる方もおおく特にお子さんに出た場合には

親御さんたちもびっくりして特に夜は一般の皮膚科さんもしまっていることから救急外来に駆け込んでくる印象です。

さて蕁麻疹の特徴は皮膚のかゆみをおびた派手な発疹です。

 

身体のどこにでもでき顔や腕、体と場所は問いません。

 

蕁麻疹の発疹の形はいろいろで一定ではありません。丸いのもありますし丸くないのもあります。

 

大きいのも小さいのもあります。

 

さらにこの蕁麻疹の発疹の特徴は皮膚から盛り上がっているんです。

発疹には熱を帯びている場合もあります。

 

そんな発疹がでたり消えたりしながら場所をかえて徐々に広がっていきます。

全身に発疹が出る事も・・・

蕁麻疹はこのような特徴的な発疹とかゆみで診断していきます。

 

蕁麻疹は発疹が出ている期間で急性と慢性に分けられます。

一か月以内に消える蕁麻疹を急性蕁麻疹、一か月以上発疹が消えない発疹を慢性蕁麻疹と呼びます。

 

蕁麻疹の原因も様々です。一般的にアレルギー反応で起きますが、体をかいたり冷たさや暖かさ、日光や

特定の物質でなることもあります。

 

現代人のストレスや疲れも蕁麻疹の原因となります。

急激なストレスを感じると蕁麻疹がでる方もいます。

病院での蕁麻疹の治療ですが、まずは抗ヒスタミン剤を処方します。アレ〇〇とかクラ〇〇ンとかの薬が代表的ですね。

症状が強いと点滴をする場合もあります。

 

そして何が蕁麻疹の原因かをきちんと聞きます。食べ物ならどんな食べ物なのか新しい薬を飲んでいないか

ストレスはなかったか等を聞きます。そしてその蕁麻疹の原因を調べて接触しないようにします。

 

蕁麻疹が抗ヒスタミン薬で治らない場合はステロイドを使う場合もあります。

 

適切な治療をすれば早めに治る蕁麻疹ですが治療をせずにおいておくと発疹がどんどん広がるにつれ辛いかゆみが長引くことがあります。

急性蕁麻疹の場合は比較的早く治るので蕁麻疹がでたら早めの医療機関の受診をお勧めします。

 

慢性蕁麻疹の場合は特定の原因をつかむことが難しく治療が長期になる場合あります。

皮膚科の専門医と相談してみましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は蕁麻疹についてまとめてみました。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。