【腹痛・背中の痛み】膵炎(すい炎)について【原因・治療、対処法】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :夜間診療(平日夜10時まで)

こんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

今日は膵炎(すい炎)について取り上げてみたいと思います。

 

膵炎(すい炎)は非常につよい腹痛と背中の痛いがでる病気です。

 

なぜ膵炎(すい炎)がおきるのか探っていきましょう。

 

 

体のなかで胃の裏側にすい臓という臓器があります。すい臓はすい液と言われる消化液分泌されるのですが。

すい液は糖分、タンパク質、脂質と3大栄養素すべてを溶かすことができます。

 

そういう強い成分である消化液によってすい臓自体が消化されてしまう病気を膵炎(すい炎)と言います。

膵炎は急性膵炎と慢性膵炎に分けることができます。

 

【急性膵炎】

急性膵炎はその名の通り短い時間で起きるすい臓の炎症です。

激しい腹痛と背中の痛みが特徴であり患者さんはこの痛みから逃れるために背中を曲げてお辞儀をしたような姿勢を取ります。

 

他の症状としては発熱、嘔吐、下痢なども起こします。

膵液はすい臓のみならず周りにある臓器にも炎症を起こす場合があります。

 

そうなると腹部の広い範囲で炎症が起きその場合は大変危険な状態になります。

 

血圧が下がり意識がなくなり脈拍も増えいわゆるショックの状態になります。

膵炎の経過は大変早く最初の内は軽い腹痛だったのに急激に症状が重くなり先ほどにいったショックの状態になってしまう場合もあります。

 

重症膵炎になってしまう場合は先ほどのショック症状に加え、

ばい菌が血液の中で悪さをする敗血症や周りの臓器の臓器不全を起こして

死に至る場合もあり大変危険です。

 

この急性膵炎の主な原因の一つは飲酒です。アルコールや脂肪分の多い食べ物を

短時間で大量にとる場合に膵炎が起きることがあります。

 

膵炎(すい炎)の他の原因としては胆石がある方も原因の一つです。ですが原因不明の膵炎も実際にはあります。

治療は基本入院となります。点滴や鎮痛剤、タンパク質分解疎外酵素などを使い治療をします。

 

病院で血液検査をするとアミラーゼやリパーゼといわれる数値が上がっている場合がおおいですね。

 

胆石がある人は胆のうをとる手術を進める場合もあります。

 

【慢性膵炎】

慢性膵炎は急性膵炎が繰り返り起きたのちすい臓の組織が少しずつ変化していきます。

線維化や石灰化などと言われる変化が起きてすい臓の機能が落ちていきます。

 

急性膵炎と似たような痛みを伴う事が多いです。

腹痛や背中の痛みは急性膵炎に比べ軽いといわれますが痛みはあります。嘔吐、下痢も同じ。

 

慢性膵炎(すい炎)の原因は飲酒によるアルコール性のものが7割を占めます。胆石は3%くらいと言われています。

 

20%くらいは原因不明です。

 

 

慢性膵炎(すい炎)の治療は飲酒をしている場合は禁酒をします。

脂肪分の少ない食事をとるように指導し、場合によっては入院し点滴等の治療を行います。

 

いかがでしたでしょうか?

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形は

2017年5月より平日夜10時まで夜間診療を開始いたします。

 

これまで時間帯が合わず通うことができなかった方に

便利な環境を提供するためにこれからも努力してまいります。

 

 

インフルエンザについて 岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸です。

 

 

今日は岐阜市でも冬に入ってくると流行するインフルエンザについて説明をしていきたいと思います。

インフルエンザは世界各地で毎年発生する流行性感冒と言われており世界で見てもよくある病気の一つです。

 

岐阜市の皆さんもインフルエンザにかかり内科さんや病院、クリニックにかかったことも多いのではないでしょうか?

 

インフルエンザは風邪の一種で全身に症状が出ることが特徴です。

 

症状は初期は風邪とそんなに変わりませんが症状がひどくなると高熱や関節痛、全身倦怠感などの症状が出ます。

人から移ると1~3日くらい症状が出ない状態の潜伏期と言われる状態でいますが体の中でウイルスが増えてくると寒気や40度近くの高熱と重い症状が急速に出てきます。

 

その後は関節痛や筋肉痛、鼻水やのどの痛み、くしゃみや咳などの症状が出始め吐き気や下痢なども引き起こす場合があります。

多くの場合は症状の強さから寝込んでしまう場合が多いのが現状です。

 

特別な合併症がなければ2,3日くらいで治りますが熱は5日程度持続咳は10日を超える場合もありまた感染力も強いため登校や就業が規制されます。

発症して5日、解熱後2日は症状が軽くても完治するまで登校や出勤はしてはいけません。

 

外出も周りの人ににウイルスを感染させる危険があるため控えましょう。

お子さん(乳児、小児)や高齢者や心臓、肺の慢性的な疾患がある場合は重症化しやすく入院が必要になる場合もあります。

肺炎や脳炎のような合併症が起きると最悪死亡してしまう場合があるので注意が必要です。

 

インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因の感染症です。その感染力は非常に強く流行することから流行性感冒と言われているほどです。

感染した患者さんのくしゃみや咳で飛びちったウイルスを吸い込んだ場合に感染することが多いです。

時期は秋の終わりから冬の始まりに流行りだし冬にかけて流行します。

 

岐阜市でもこの同時期位から発生しています。

 

患者さんの数があまりに多い場合は学校が休みになったり職場を休んだりします。

 

インフルエンザにはA型B型それと実はあまり知られていないのですがC型と言われるものがありますがC型は症状があまりでないためほぼ問題になりません。

特にA型インフルエンザは数十年に一度世界的大流行を引き起こします。また再感染が多いのもA型インフルエンザの特徴と言えるでしょう。

A型B型とインフルエンザは有りますが症状からそのどちらかという判断はできません。内科さんや病院、クリニックで検査をしなくてはいけません。

岐阜市でも毎年たくさんの患者さんが発症しています。

 

治療としては発症2日目位までの場合は抗インフルエンザ薬(タミフルやイナビル等)を投与される場合が多くまた発熱やのどの痛みに対する症状に

アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)を使う場合もあります。

 

解熱剤を使う場合は非ステロイド系抗炎症薬と言われる薬はインフルエンザ脳症との関連があると言われているため

小児への使用は避けるべきと言われています。

 

金花堂クリニックでは大人に対してもこの非ステロイド系抗炎症薬は使用せずアセトアミノフェンを使っています。

 

しかしこのような感染症は治療よりも予防の効果の方が高いため手洗いうがいやワクチン接種が大事なのです。

 

なお学校や出勤の禁止期間はインフルエンザ発症5日の経過、解熱後2日です。

 

今日はインフルエンザについて解説しました。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形外科院長 モゲル丸でした。

岐阜市 金花堂クリニック内科・整形外科 おすすめの民間療法その③

こんにちは岐阜市 金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸です。

今日は金花堂クリニック内科・整形外科おすすめの民間療法 その③として

胃腸によい民間療法を紹介したいと思います。

 

 

今日のおすすめの民間療法は!!

 

梅しょう番茶です。

まえにもお伝えした方に岐阜は美味しいお茶が取れるので番茶を利用したおすすめの民間療法です。

使う材料は①梅干し1個 ②醤油小さじ1杯 ③おろしショウガ適量 ④番茶ゆのみ分目です。

作り方は種をとった梅干しを小さじ一杯の醤油と練ります。

練った梅干しとおろししょうがを入れた湯飲みに番茶をそそぐだけで完成です。

この簡単さもみなさんにおすすめできる理由です。

 

簡単でしょ?

 

これらそれぞれに健康によい成分が入っているのでこれらの成分が一緒になった梅しょう番茶は本当におすすめです。

胃腸の調子が振るわない時には消化を助けてくれる成分が入っている梅やショウガが良いです。

特に梅に入っている豊富な成分であるクエン酸やしょうがのジンロゲンやショウガオールは腸の中にいる悪い悪玉菌を抑えるする作用があり

腸内の環境を整える成分です。

 

お茶に入っているタンニンは下痢にも効くのでおすすめです。

 

胃腸の調子がおかしい時や軽い下痢症状が出た時に試してみてください。

病気になったらすぐに内科や病院クリニックに行くのもよいのですが

症状が軽い初期症状の時には落ち着いてご自身の体を信じてこういう民間療法を試すのも悪くはありません。

 

もちろんそれの後で症状が良くならなかった場合や症状が悪化した場合は病院やクリニックにかかってほしいのですが

 

このような民間療法は昔からあるおばあちゃんの知恵袋的にずっと大昔からある民間療法なので試してみる価値はあると思います。

 

ただ何度もいうのですが症状が強い場合や小さなお子様でいつもと症状が違うという場合はすぐに病院やクリニックの先生に診てもらいましょう。

 

民間療法と西洋医学をうまく使い分けることによって無駄な出費を抑え知恵もつくし一石二鳥ですね。

 

まさにおすすめ!

 

今日は胃腸に効く金花堂クリニック内科・整形外科がおすすめする民間療法その③でした。