ひび・あかぎれの症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

ひび・あかぎれについて

 

ひび・あかぎれは手の指や手のひらなどの角質部分に裂け目ができたものをひび、

深い裂け目ができて出血したり、赤くなっているものをあかぎれと呼びます。

 

どちらも症状であって、それ自体が病気を示す名称ではありません。

 

ひび・あかぎれの原因

洗剤などの影響で乾燥が進み、ひびやあかぎれができる人も増えています。

足の裏にできる場合は、白癬菌による水虫や廊下によるものですので、皮膚科を受診し、治療します。

 

ひび・あかぎれの治療

症状のひどい部分はビタミンE[を含むクリームなどでケアします。

 

日々がひどい時は絆創膏による保護も有効です。

日常瀬克では、ふだんから白色ワセリンなどの保湿剤をし応したり、

皿洗いにはゴム手袋をしたり、手を保護するようにします。

 

指先のマッサージなど、指先の血行が良くなるような工夫も効果があります。