【かゆみ】帯状疱疹【痛み】 初期症状と治療 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

岐阜市でも背中や腰に帯状の湿疹がでてくる患者さんがおおくよくクリニックに訪れます。

 

そう帯状疱疹ですね。

 

今日は帯状疱疹についてお話していこうかと思います。

 

帯状疱疹の原因は水痘のウイルスが過去に感染し体のなかでじーっと悪さをせずにすみついている所、なにかの拍子で再び活性化して帯状疱疹が起こります。

じーっとしている間は症状はありません。

 

帯状疱疹の初期の症状としては帯状疱疹は湿疹が出る前、

一般的に神経痛のような痛みが出ます。背中や腰がおおい印象ですね。

痛みではなくかゆみが出る場合もありますね。

 

何日がたつと傷んだ皮膚の場所にそって帯状の発疹が起きます。

帯状疱疹の発疹が頬や耳で出た時は顔の神経麻痺がおこる場合があり、外陰部にでるとおしっこが出にくくなる場合があります。

顔面に出た場合目に発症すると失明の危険があります。

 

帯状疱疹が出た場合は場所はどこであれすぐに医療機関を受診しましょう。

 

さらに発疹に伴い、頭痛や発熱が現れる場合もあります。

 

初期がおわりさらに時間がたつと発疹のあたりが水膨れができて膿んできてしまいます。

 

半月位経つと発疹がかさぶたになり症状は治まっていきます。

 

高齢の方や糖尿病を持っていいる方はその後も帯状疱疹の痛みが続くこともありますが、

一度かかれば二度かかってしまう場合がおおく見られます。

 

帯状疱疹はそのウイルスはもともと水疱瘡にかかった方がなる病気です。

よく帯状疱疹は人に移るのかとのご質問をいただくのすが

相手が水疱瘡がかかったことがある場合は抗体があるのでうつることはありません。

 

しかしまだ水疱瘡にかかったことのない赤ちゃんや子供の場合は水疱瘡としてうつる場合もあります。

 

ですのでご家族が帯状疱疹になった場合は赤ちゃんやちいさなお子さんのような水疱瘡にかかったことがない人への

接触は控えるようにしましょう。

 

 

帯状疱疹の原因をおさらいすると昔に水痘にかかった時のウイルスが神経の中にじっと隠れています。

 

隠れているだけならば症状はでないのですが長い時間をおいて

ストレスや過労で免疫が低下したときに再び活性化することで症状が起こります。

 

帯状疱疹の治療としては抗ウイルス剤の内服や点滴など症状にあわせた治療を行います。

帯状疱疹の発疹に対してはワセリンや抗生剤軟こうや抗ウイルス剤の軟こうを使います。

 

帯状疱疹の発疹が消えた後にも痛いが続く場合がありそれに対しては非ステロイド系抗炎症薬やステロイドを飲んでいただく場合があります。

帯状疱疹の痛みが特にひどい場合は神経に対して神経ブロック注射をする場合もあります。

 

帯状疱疹の初期の症状はかるいのでついほおってしまいがちなのですが通常はだんだん悪くなっていきます。

そのため初期の内に病院やクリニックなどの医療機関の受診をおすすめします。

 

通常であれば帯状疱疹の皮膚の症状は半月から1か月の間に収まります。

しかし高齢者の場合は皮膚は良くなっても神経が痛み続けることもあるので注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか

今日は帯状疱疹についてまとめてみました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。

 

 

【高脂血症】脂質異常症について【症状・治療・数値】 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長モゲル丸です。

今回は脂質異常症について解説していきたいと思います。

岐阜市でも本当にたくさんの方がこの病気で治療しています。

 

脂質異常症は動脈硬化を進ませる自覚症状の全くない病気です。

 

脂質異常症かどうかは症状ではなく病院の検査によってはじめてわかります。

ただ脂質異常症とわかっても自覚症状がないので治療をしない方もいらっしゃいます。

しかし、脂質異常症は動脈硬化症を引き起こすのである日突然心筋梗塞や脳卒中などの重い病気を発症させることもあるため。

沈黙の病気ともいわれています。

 

脂質異常症の原因としては血液中の脂質が増えることによります。

 

つまり食べすぎによる脂質の取りすぎです。

 

脂質は確かに体を動かすための必要なエネルギーなのですが増えすぎた血中の脂質は処理できずに

動脈硬化を引き起こすコレステロールや中性脂肪の上昇につながります。

脂質の取りすぎは肥満にもつながるため生活習慣を見直さなくてはいけません。

 

また食べすぎ以外にも体質や遺伝的な病気により口からの脂質の摂取の量とは関係なく脂質異常症になってしまう人もいます。

 

治療としては食事療法と運動療法を併用し血中の脂質の量を減らします。

これが基本ですがほかに原因となる疾患がある場合はその治療をまず行います。

ですがほとんどの場合は生活習慣によるものなので食事療法と運動療法をまず行います。

 

ちなみにコレステロールには善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールがあり、

この中では悪玉(LDL)コレステロール値が140㎎/dL以上の場合は脂質異常症の疑いがあります。

 

また中性脂肪も動脈硬化の原因となるのですが基準値は150㎎/dL以下が基準でありそれ以上でもやはり脂質異常症の疑いあります。

 

この二つの項目の数値が上がらないようにバランスの整った食事をとり適度な運動することにより改善を目指します。

それでも下がらない場合は薬物治療を行う場合もあります。

 

簡単にまとめましたが症状がないので放置されがちな脂質異常症ですがきちんと管理をする必要がありますね。

心筋梗塞や脳卒中など危険な病気にならないようにかかりつけの医師と相談し治療法を決めていきましょう。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。

インフルエンザの合併症 インフルエンザ脳症 岐阜市六条南 金花堂クリニック内科・整形

こんにちは岐阜市 六条南金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸です。

岐阜市でも毎年インフルエンザの患者さんがたくさん発生していますがインフルエンザに合併症があることはご存知でしたか?

その中で特に岐阜市のお子さん(乳児、小児)にかかる恐れのあるインフルエンザの合併症、インフルエンザ脳症を悦明していきたいと思います。

 

5歳以下のお子さんに多いとされるインフルエンザの合併症です。

おこさんがその日に限ってぼんやりしていたり、呼びかけても反応が薄いなどの意識のうすい状態、

ひきつけ、意味不明な行動や言動をしたりする神経症状が発熱から翌日にかけて急激に現れます。

 

このような場合はすぐに救急病院や医療機関、クリニックに受診をしましょう。頭のCT等で異常がみられる場合があります。

このインフルエンザの合併症であるインフルエンザ脳症は回復しても麻痺や知的障害などの後遺症が残る場合もあるため一層の親から子供さんへの関心が求められます。

 

このインフルエンザの合併症の原因はインフルエンザウイルスへの体の免疫反応が

過剰に起き脳が腫れたり血管や内臓が障害を受けるためにおこると考えられています。

 

またアスピリンなどの解熱鎮痛剤である非ステロイド系抗炎症薬と言われる薬の使用が悪化要因だとも言われています。

なので多くの病院、クリニックでは解熱のために非ステロイド系抗炎症薬ではなく

アセトアミノフェンと言われる薬剤を使っています。

 

治療は状態に対する対処療法を行います。

発症直後の場合は抗インフルエンザ薬を使うと効果があると言われていますが

異常行動などを引き起こすこともあるので医師や親の観察が必要です。

 

熱やのどの痛みに対しては先ほど書いたように非ステロイド系抗炎症薬ではなくアセトアミノフェンを使います。

また特殊な治療法としてはメチルプレドニゾロンパルス療法やガンマグロブリン療法がおこなわれる場合があります。

 

インフルエンザは予防が大切です。手洗いうがいはもちろん予防接種も効果があると言われています。

本格的にインフルエンザが流行する前に予防を心がけましょう

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形外科院長 モゲル丸でした。

 

 

インフルエンザについて 岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸です。

 

 

今日は岐阜市でも冬に入ってくると流行するインフルエンザについて説明をしていきたいと思います。

インフルエンザは世界各地で毎年発生する流行性感冒と言われており世界で見てもよくある病気の一つです。

 

岐阜市の皆さんもインフルエンザにかかり内科さんや病院、クリニックにかかったことも多いのではないでしょうか?

 

インフルエンザは風邪の一種で全身に症状が出ることが特徴です。

 

症状は初期は風邪とそんなに変わりませんが症状がひどくなると高熱や関節痛、全身倦怠感などの症状が出ます。

人から移ると1~3日くらい症状が出ない状態の潜伏期と言われる状態でいますが体の中でウイルスが増えてくると寒気や40度近くの高熱と重い症状が急速に出てきます。

 

その後は関節痛や筋肉痛、鼻水やのどの痛み、くしゃみや咳などの症状が出始め吐き気や下痢なども引き起こす場合があります。

多くの場合は症状の強さから寝込んでしまう場合が多いのが現状です。

 

特別な合併症がなければ2,3日くらいで治りますが熱は5日程度持続咳は10日を超える場合もありまた感染力も強いため登校や就業が規制されます。

発症して5日、解熱後2日は症状が軽くても完治するまで登校や出勤はしてはいけません。

 

外出も周りの人ににウイルスを感染させる危険があるため控えましょう。

お子さん(乳児、小児)や高齢者や心臓、肺の慢性的な疾患がある場合は重症化しやすく入院が必要になる場合もあります。

肺炎や脳炎のような合併症が起きると最悪死亡してしまう場合があるので注意が必要です。

 

インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因の感染症です。その感染力は非常に強く流行することから流行性感冒と言われているほどです。

感染した患者さんのくしゃみや咳で飛びちったウイルスを吸い込んだ場合に感染することが多いです。

時期は秋の終わりから冬の始まりに流行りだし冬にかけて流行します。

 

岐阜市でもこの同時期位から発生しています。

 

患者さんの数があまりに多い場合は学校が休みになったり職場を休んだりします。

 

インフルエンザにはA型B型それと実はあまり知られていないのですがC型と言われるものがありますがC型は症状があまりでないためほぼ問題になりません。

特にA型インフルエンザは数十年に一度世界的大流行を引き起こします。また再感染が多いのもA型インフルエンザの特徴と言えるでしょう。

A型B型とインフルエンザは有りますが症状からそのどちらかという判断はできません。内科さんや病院、クリニックで検査をしなくてはいけません。

岐阜市でも毎年たくさんの患者さんが発症しています。

 

治療としては発症2日目位までの場合は抗インフルエンザ薬(タミフルやイナビル等)を投与される場合が多くまた発熱やのどの痛みに対する症状に

アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)を使う場合もあります。

 

解熱剤を使う場合は非ステロイド系抗炎症薬と言われる薬はインフルエンザ脳症との関連があると言われているため

小児への使用は避けるべきと言われています。

 

金花堂クリニックでは大人に対してもこの非ステロイド系抗炎症薬は使用せずアセトアミノフェンを使っています。

 

しかしこのような感染症は治療よりも予防の効果の方が高いため手洗いうがいやワクチン接種が大事なのです。

 

なお学校や出勤の禁止期間はインフルエンザ発症5日の経過、解熱後2日です。

 

今日はインフルエンザについて解説しました。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形外科院長 モゲル丸でした。

糖尿病の合併症 糖尿病網膜症 岐阜市 六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市 六条南金花堂クリニック内科・整形の院長 モゲル丸です。

 

今日は糖尿病の合併症の中で3大合併症と言われる合併症の一つである糖尿病網膜症について解説します。

糖尿病というのは初期の段階ではほどんど自覚症状がありません。末期になるにつれ重い合併症が併発する可能性があるので

初期の内に診断し血糖のコントロールを行うことで末期に起きる各種合併症を防ぐことができます。

 

糖尿病網膜症も初期にはほぼ自覚症状がないのですが末期や症状が重症化すると失明する可能性が大きくなるため

やはり末期になる前の初期の内に糖尿病を見つけ治療したいですね。

 

それでは糖尿病網膜症の解説をしたいともいます。

そもそも糖尿病は末期になるにつれ合併症が起きてきます。糖尿病腎症、糖尿病神経症そして今回説明する糖尿病性網膜症です。

 

これらを合わせて三大糖尿病性合併症と言われています。

これら糖尿病性の合併症は糖尿病を発症してから数年から10年以上たってから発症する場合がおおく初期の内はほとんど自覚症状はありません。

自覚症状は末期、特に重症化した時に自覚症状がでるのですが症状が出るころには相当、糖尿病の症状が進んでいる末期の状態がほとんどです。

 

糖尿病性網膜症と言われる合併症は初期の段階の単純糖尿病網膜症と言われる状態から前増殖糖尿病網膜症そして末期、重症段階の増殖糖尿病網膜症と目の合併症が進んでいきます。

単純糖尿病網膜症はもっとも初期の段階の目の合併症でありますが自覚症状は有りません。しかし目の状態の変化を見ていくため半年に一度は病院やクリニックに行き眼底検査を受けるようにおすすめします。

次に前増殖糖尿病網膜症と言われる合併症ですがこの段階でも自覚症状は有りません。網膜の血管が詰まり白い斑点やむくみが現れます。この時に目の毛細血管が増殖していくためこのような名前の病気になっています。この場合は2~3か月に1度病院やクリニックに行き眼底検査をおすすめします。

 

最後に増殖糖尿病網膜症と言われる合併症ですがこれはかなり重度、末期の状態です。毛細血管の増殖が進みこのよわい毛細血管が破れた場合硝子体出血といわれる大出血をする場合があり

出血が起きると網膜剥離を引き起こし最悪の場合失明することがあります。一度失明すると視力は糖尿病が治ったとしても治らない場合が多いのが現状です。

日本では年間3000人くらい失明していると言われています。

こうなる前に目のかすみやゆがみの症状が出た場合には病院やクリニックのかかりつけに相談してみましょう。

 

このような状態にならないためにも糖尿病を初期の段階で見つけだし末期になる前治療する必要があります。

初期で当病病を見つけたら運動療法や食事療法また投薬等の内科的治療で血糖値のコントロールを行います。

糖尿病網膜症がすすんでしまった場合は目の奥の毛細血管の増殖を防ぐためレーザー光線を使う治療をします。

毛細血管の増殖をおさえて合併症である毛細血管の破裂を防ぐためです。

ただこれは網膜出血と言われる合併症を防ぐには有効ですが失った視力を回復させることは困難なのです。

 

硝子体出血や網膜剥離、あるいは黄斑の浮腫が進行している場合は硝子体を取り除く手術を行います。

この手術もやはり失った視力を回復するこは難しく出血の予防的な手段となります。

 

若年性の糖尿病は特に進行が速いのでこのような末期の状態まで進行させず初期で見つけ初期で治療することが大切なのです。

 

いかがでしたでしょうか?

今日は糖尿病の合併症として糖尿病網膜症を解説しました。

 

岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形 院長モゲル丸でした。