【ストレス・疲れ】蕁麻疹:じんましんについて【原因・治療、対処法】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

みなさん。こんにちは岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

暖かくなってきましたね。とても過ごしやすい日が続いております。

 

 

さて今回は蕁麻疹(じんましん)についてお話したいと思います。

 

岐阜市の方もこの蕁麻疹になってしまったなんて方は多いのではないでしょうか?

 

大きな病院の救急外来にいるとかなり蕁麻疹の患者さんがいることに驚きます。

 

蕁麻疹は皮膚に派手な発疹がでるので驚かれる方もおおく特にお子さんに出た場合には

親御さんたちもびっくりして特に夜は一般の皮膚科さんもしまっていることから救急外来に駆け込んでくる印象です。

さて蕁麻疹の特徴は皮膚のかゆみをおびた派手な発疹です。

 

身体のどこにでもでき顔や腕、体と場所は問いません。

 

蕁麻疹の発疹の形はいろいろで一定ではありません。丸いのもありますし丸くないのもあります。

 

大きいのも小さいのもあります。

 

さらにこの蕁麻疹の発疹の特徴は皮膚から盛り上がっているんです。

発疹には熱を帯びている場合もあります。

 

そんな発疹がでたり消えたりしながら場所をかえて徐々に広がっていきます。

全身に発疹が出る事も・・・

蕁麻疹はこのような特徴的な発疹とかゆみで診断していきます。

 

蕁麻疹は発疹が出ている期間で急性と慢性に分けられます。

一か月以内に消える蕁麻疹を急性蕁麻疹、一か月以上発疹が消えない発疹を慢性蕁麻疹と呼びます。

 

蕁麻疹の原因も様々です。一般的にアレルギー反応で起きますが、体をかいたり冷たさや暖かさ、日光や

特定の物質でなることもあります。

 

現代人のストレスや疲れも蕁麻疹の原因となります。

急激なストレスを感じると蕁麻疹がでる方もいます。

病院での蕁麻疹の治療ですが、まずは抗ヒスタミン剤を処方します。アレ〇〇とかクラ〇〇ンとかの薬が代表的ですね。

症状が強いと点滴をする場合もあります。

 

そして何が蕁麻疹の原因かをきちんと聞きます。食べ物ならどんな食べ物なのか新しい薬を飲んでいないか

ストレスはなかったか等を聞きます。そしてその蕁麻疹の原因を調べて接触しないようにします。

 

蕁麻疹が抗ヒスタミン薬で治らない場合はステロイドを使う場合もあります。

 

適切な治療をすれば早めに治る蕁麻疹ですが治療をせずにおいておくと発疹がどんどん広がるにつれ辛いかゆみが長引くことがあります。

急性蕁麻疹の場合は比較的早く治るので蕁麻疹がでたら早めの医療機関の受診をお勧めします。

 

慢性蕁麻疹の場合は特定の原因をつかむことが難しく治療が長期になる場合あります。

皮膚科の専門医と相談してみましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は蕁麻疹についてまとめてみました。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。

【原因】食中毒のあれこれ【予防、治療】 症状が出始める時間や潜伏期間など 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形外科

こんにちは。みなさん。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

だいぶ暖かくなってきましたね。気温があがって天気も良いと体調も良くなりやすくなりますが、

気を付けなくてはいけない病気もこのころから出てきます。

 

今日はそんな病気である食中毒についてお話していきます。

 

食中毒を起こす原因には大きく分けて細菌、ウイルス、自然毒、化学物質なとがあります。

特に冬場に発生するのノロウイルスの食中毒が最も多く続いてカンピロバクター、サルモネラ菌と続きます。

気温が高いこれからの時期から夏にかけて発生していくのですが、食中毒自体は年中患者さんは発生しています。

ノロウイルスによる食中毒の季節になる秋や冬にもおおく発生しています。

 

食中毒は予防が特に大事であり食中毒のほとんどは食中毒を引き起こすばい菌がついた食品が原因となります。

この食中毒から家族を守るためにはこのようなばい菌やウイルスなどがつかない(手や食器や包丁をよく洗う)ように

またばい菌やウイルスがついていても増やさない(冷蔵保管)、ばい菌をやっつける(焼く、煮る等)ことが大事ですね。

 

食中毒を防ぐためには肉や野菜、お魚などは傷んでいないか、汁が出ていないかなどを確認しましょう。

もちろん消費期限があればその確認も忘れずに。

 

上に書いた内容でばい菌ウイルスを増やさないとありますがこの増やさないに該当する過程での冷蔵保管ですが

冷凍や冷蔵が必要な食品はすぐに冷蔵庫、冷凍庫に入れましょう。肉や魚はほかの食べ物にその汁がつかないように別個に保管します。

 

そして最後にばい菌をやっつける方法です。

料理をする前にはしっかり手を洗います。生の肉や魚、卵などを触ったらすぐに手を洗うようにしましょう。

またキッチンや床、ふきん、包丁、まな板などもしっかりと洗い清潔を保ちます。

加熱が必要なな食べ物は充分に加熱をしましょう。85度以上で1分以上加熱するのが目安です。

しっかり加熱してばい菌を退治してしまいましょう。

 

食事前にも後にもしっかり手を洗いましょう。

 

実際食中毒になってしまったら・・・

ばい菌やウイルスが体に入ると病原菌にもよりますが5~6時間くらいから症状が出始める場合が多いですが早いと1時間ただずに嘔気、嘔吐、下痢などの

症状が出てくる場合があります。

 

 

嘔吐物は素手で触らず必ずビニールやゴム手袋、そしてマスクをしてティッシュなどでふき取りましょう。

マスクや手袋は食中毒の感染防止のため再利用せず必ず捨てるようにします。

 

なお捨てる際にはビニールを2重にして捨てます。必ず上を縛って食中毒の菌が外に出ないようにします。

処理をした人は念入りに手を洗ってください。

 

症状が軽くならない場合は病院やクリニックに受診することをお勧めします。

 

また治療はばい菌が食中毒の原因なら抗生剤投与を行う場合もありウイルス(ノロウイルス等)の場合は抗生剤は効かないので症状により水分補給を行います。

嘔吐、下痢が続く場合は脱水症状を起こす場合もありますので各直中毒にかかわらず身体の状態により入院する場合ああります。

若い方は問題になりにくくすぐに回復する場合が多いのですが問題は小さいお子さんや高齢者の方です。

 

家庭で見ていて嘔吐や下痢がいつもよりも激しい場合はすぐに病院やクリニックに受診をしてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?今日は食中毒のお話をさせていただきました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。