外反母趾の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

外反母趾について

 

症状

足の親指が外側(小指側)へ曲がり、変形していています。

 

拇趾の付け根の腫れや痛みのほかに靴を履いて歩くのが困難になります。

拇趾の付け根の痛みと共に赤く腫れたり、

足の裏にタコができたりして、歩くと痛みが強くなります。

 

又、偏平足を合併していたり、足の横のアーチ構造が低下していたりします。

 

外反母趾の原因

ハイヒールなど、先の細い靴を履くことで、拇趾への圧迫によるストレスが集中して起こるのが最も多い原因と考えられます。

 

自分の足の形に合わない靴を履き続けることでえ変形が進みます。

 

10代での発症は、遺伝的要素が強く、中年期にかけての発症は、体重増加、筋力の低下などが関係しています。

又、女性の多い病気です。

 

遺伝的要素としては、足の形や足趾間にあるじん帯や筋肉のゆるみや弱さなどが考えられます。

 

外反母趾の治療

足の変形がひどくても、痛みがない場合は治療しないこともあります。

痛みがある場合は、靴の変更、鎮痛薬の服用を行います。

程度が軽い人や痛みが少ない人には、装具を用いたり、運動療法などを行ったりします。

 

装具には、拇趾と第2趾のあいだに入れるベルクマン装具、

 

拇趾を内側へ引っ張る矯正装具、土踏まずを再現するような足底板があります。

痛みが強い場合や、変形のためにほかの足趾への影響が懸念される場合は、

手術を行います。外反母趾の変形の程度で術式は変わりますが、

よく行われるのは中足骨での矯正骨切り術です。

 

手術の主な目的は、痛みの軽減であるため、変形を元に戻すことではありません。

変形を進行させてないためには、靴の選択が重要となります。

 

ハイヒールや先の細い靴は避けて、土踏まずがしっかりとしていて

足の指が動かせる広い靴を選ぶようにしましょう。

ひび・あかぎれの症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

ひび・あかぎれについて

 

ひび・あかぎれは手の指や手のひらなどの角質部分に裂け目ができたものをひび、

深い裂け目ができて出血したり、赤くなっているものをあかぎれと呼びます。

 

どちらも症状であって、それ自体が病気を示す名称ではありません。

 

ひび・あかぎれの原因

洗剤などの影響で乾燥が進み、ひびやあかぎれができる人も増えています。

足の裏にできる場合は、白癬菌による水虫や廊下によるものですので、皮膚科を受診し、治療します。

 

ひび・あかぎれの治療

症状のひどい部分はビタミンE[を含むクリームなどでケアします。

 

日々がひどい時は絆創膏による保護も有効です。

日常瀬克では、ふだんから白色ワセリンなどの保湿剤をし応したり、

皿洗いにはゴム手袋をしたり、手を保護するようにします。

 

指先のマッサージなど、指先の血行が良くなるような工夫も効果があります。

胸郭出口症候群の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

胸郭出口症候群

腕や肩、首筋の症状がつよく、腕がしびれ、肩がこり首が重く感じられます。肩から、首が重く感じられます。

肩から肩甲骨にかけてこわばって痛み、さらに、肩から指先に向けて痛みが走り、

指に腫れぼったさやだるさ、冷えが感じられます。

 

朝起きた時に両手がしびれる、吊革につかまった時に手がしびれることもあります。

この病気は、なで肩の女性に多く、初期の内は姿勢を変えると症状が軽くなったり、

消えたりしますが、次第に姿勢に関係なく症状が現れるようになります

 

胸郭出口症候群の原因

胸郭出口症候群とは、胸の第一肋骨と鎖骨の間にある筋肉の隙間部分のことをいます。

この出口には血管からでた血管と、首の脊髄から枝分かれした腕神経叢が通っています。

 

この血管が圧迫されると腕や肩の痛みやしびれなどの神経症状が生じます。

 

胸郭出口症候群と言うのは、生まれつき頸椎に頸肋という肋骨がついているために

胸郭出口の血管神経が圧迫されて生じる頸肋症候群、頸椎を取り囲む諸角菌が緊張して

胸郭出口の神経血管を圧迫して生じる斜角筋症候群、第一肋骨と鎖骨の間が狭くなって起こる肋鎖症候群、

わきの下にある小胸筋が、腕の横に伸ばしたまま持ち上げるときの肩の外転により緊張して起こる

過外転症候群などをまとめたものです。

 

 

胸郭出口症候群の治療

症状が軽い場合は、自然に治ります。しかし、中には徐々に進行する人もいます。

 

治療法としては、肩や首を動かす、軽い体操程度の運動と温熱療法を行い

痛みが耐えがたいご期には、消炎薬や鎮痛薬を服用したり、局所麻酔で痛みを散らしたりします。

 

日常生活では、重い荷物を肩に下げないようにし、猫背の姿勢を取らないように注意します。

症状が改善しない時は、原因に合わせて手術を行う場合もあります。

 

肋間神経痛の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

肋間神経痛

片方の側の背中や胸が激しく痛み、突然針が突き刺さるような激痛が走ることもあります。

呼吸をするときに、肋間神経の運動神経が関係しているため、呼吸に伴って痛みが現れることあります。

 

肋間神経痛の原因

肋骨に沿って走っている神経を肋間神経と言います。胸部の筋肉を動かす運動神経や、

皮膚感覚などの知覚をつかさどっていますが、この肋間んけいが痛む症状の事を肋間神経痛と言います。

 

肋間神経痛はあくまで症状の事で、病名ではありません。

 

原因不明の原発性肋間神経痛と、原因が履きりしている続発性肋間神経痛に分かれます。

 

続発性肋間神経痛は、不自然な姿勢や疲労などから、神経が骨や筋肉の間に挟まれることで起こったり、

変形性脊椎症などの脊椎の病気や、帯状疱疹ウイルスの感染が原因で神経に障害が起き、痛みが生じます。

 

又、胸膜炎、肺炎、肺癌などの胸部の内臓疾患が関係していることもあるので注意が必要です。

 

このほか、肋骨の骨折やひびが入っや場合や、がんの転移によって肋間神経痛が起こる場合おあります。

 

肋間神経痛の治療

医師の診断を受けて原因を特定し、外傷による場合はベルトで胸郭を固定する、

内臓疾患が関係している場合はその磯疾患の治療をするなど、

原因に応じた治療を行います。

 

又痛みへの対処として、消炎鎮痛薬や湿布が用いられます。

 

痛みが激しい場合などは、神経ブロックと飛ばれる局所麻酔薬を神経に注射することもあります。

神経に炎症が見られる場合は、ステロイド約が併用されます。

 

それでも治らない場合は、マッサージや漢方薬、鍼灸などの登用医学、

カイロプラスティックによる治療法を考えてもよいでしょう。

 

衣服によっては、動作の際に肋間神経を圧迫することもあるので、薄くて柔らかい、体を締め付けないような衣服を着るようにしましょう。

脊椎圧迫骨折の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

脊椎圧迫骨折

脊椎圧迫骨折は脊椎の椎体が骨折を起こしてつぶれます。

 

胸椎および胸椎と腰椎の移行部にかけて怒ることが多く、

骨折部分に痛みが起こる場合には寝返りや前かがみもできないほどの強い痛みがあります。

 

しかし、痛みを感じず、知らない間に骨折が起こり、変形が進むこともあります。

 

原因

脊椎圧迫骨折は骨粗鬆症がある高齢者では、比較的軽い力だけでも起こります。日常生活の動作や、

しりもち、転倒などによって起こりますが、くしゃみなどでも起こります。

老人性後湾症は胸椎の多発性圧迫骨折が原因の事があります。

 

治療

骨粗鬆症による圧迫骨折は、2~3週間安静にしていると痛みは軽くなります。

その後、コルセットを使って歩く訓練を始めます。

 

高齢者の場合は長期間ベッドで安静にしていると、

呼吸器や尿路系の感染症や認知症を発症することがあります。

少しずつでも動くことを心がけましょう

ぎっくり腰の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

ぎっくり腰について

 

ほんのわずかな体位の変化、たとえば、ちょっと前かがみになった時や、

重いものを持ち上げようとした多度で、突然、腰に激痛が起こった場合を言います。

 

急性腰痛症とも言います。

 

体を動かすことで痛みを感じたり、痛みが強くなったりしますが、

安静にしていれば和らぎます。90%以上が6週間以内に良くなるとされています。

 

原因

椎間板の断裂・ヘルニア、腰椎の腰椎関節の捻挫や人体の軽い損傷、関節包のねじれやめくれが原因です。

ただし、急で痛い腰の痛みがすべてぎっくり腰とは限りません。

 

どんな姿勢を取っても痛い

発熱をともなう

冷汗が出る

 

と言った場合は、ほかの病気の可能性もあるので早めに受診をしてください。

 

治療

まずは、楽な姿勢で安静を保ちます。ぎっくり腰であれば、

しばらく安静にしていれば、痛みは徐々に軽くなります。

 

膝を曲げて横向きに寝たり、膝の下に毛布などを入れ、腰に負担がかからない姿勢を取りましょう。

 

冷たいタオルを当てたり、湿布をはったりするのもよいでしょう。

最近では、何日も安静にして寝ているのは日常生活に復帰するのが送れる原因となることがわかってきました。

痛みが治まってきたら、むりのない範囲で動くようにします。特に高齢者の場合、過度の安静は禁物です。

いびきについて~睡眠時無呼吸症候群の原因と治療についても解説~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :大腸カメラ(内視鏡)睡眠内視鏡、夜間診療(平日夜10時まで)

こんにちは岐阜市金花堂クリニック院長のモゲル丸です。

最近になって相談してくる患者さんがおおいですね。

 

家族にいびきがうるさいといわれたためどうしたらいいかとの相談をされる方が多いので

今日はそんないびきや、睡眠時無呼吸症候群について解説していきたいと思います。

 

疲労時や飲酒の後は、のどの筋肉が緩み上気道が狭くなるので、普段いびきをかかない人もかきやすくなります。

いびきは規則正しいリズムで起こっている場合は問題ありません。

 

しかし、何らかの理由で狭くなった気道に無理やり空気を通そうとすると時に起こる、呼吸の乱れをともなう、いびきは注意が必要です。

代表的なものは一時的に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群です。

 

いびきの原因として大きな割あいを占めるのは肥満ですが、鼻やのどの慢性の疾患、下顎が小さい、下の根本が大きいなどの耳鼻咽喉科の領域に原因があることも多いようです。

いびきは自分ではわかりませんが、人に指摘されるようでしたら、医療機関を受診し原因を突き止めた方が良いでしょう。

 

睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に呼吸が停止することで様々な問題が引き起こされる病気で、特に中年以降で肥満傾向のある、高血圧や心疾患を合併している男性に多く見られます。

7時間程度の水mんで10秒間の無呼吸が30回以上ある場合、もしくは1時間当たり10秒以上の無呼吸が5回以上起こる場合は診断の対象となります。

 

この病気はまれな病気ではなく、近年とても多くの人がかかっています。

 

放置いていると、昼間、非常に強い眠気に襲われたり、恒常的によく眠れない状態が続くために心臓血管系、内分泌系に負担がかかり個血圧、心不全、糖尿病、脳血管障害を

誘発あるいは悪化されるともいわれています。

 

疲れやすさ、集中力の低下なども顕著に指摘されます。

 

原因

睡眠中に呼吸運動が起こらなくなる中枢神経性睡眠時無呼吸と、

咽頭が閉塞して空気が通らなくなる閉塞性睡眠時無呼吸、低呼吸があります。

 

閉塞しやすい原因を作るのは主に肥満です。肥満によってのどの内側に脂肪が蓄積して空気が通りにくくなります。

 

また下あごが小さく、下が大きいために閉塞しやすい人もいます。

さらに、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、扁桃の肥大、飲酒や向精神薬などによる緊張性の低下も原因となります。

 

治療

軽症の場合は夜寝るよきに、枕を低くしたり、横向きで寝ることで気道が開き症状が軽快することがあります。

肥満傾向の人は、減量を心がけることも大切です。

 

慢性副鼻腔炎や扁桃肥大など鼻やのどの慢性病が原因になっている場合は、その治療を行います。

下あごが小さい人は、マウスピースの処方で警戒することがあります。

 

重症の場合は睡眠中、鼻につけたマスクから空気を流して呼吸を補助するn-CPAPと言う

機械による療法や鼻やのどの中を広くする手術を行うことがあります。

 

さていかがでしょうか?

今日はいびきの原因と睡眠時無呼吸症候群について解説いたしました。

岐阜市金花堂クリニック内科・整形外科院長モゲル丸でした。

胃カメラで見つかる病気シリーズ① 急性胃炎【初期症状、原因、治療】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :胃カメラ(内視鏡)経鼻内視鏡、睡眠内視鏡、夜間診療(平日夜10時まで)

みなさんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

今日は胃カメラ(内視鏡)で見つかる病気シリーズの第一弾をお話しようと思います。

胃カメラの本体

その第一弾の病気は急性胃炎です。

 

胃炎、胃炎とは聞いたことがあるものの胃炎でどんな病気か答えられる方は以外に少ないのではないかと思います。

 

胃炎は急性胃炎と慢性胃炎に分けられますが今日は急性胃炎についてお話します。

急性胃炎の症状

急性胃炎は初期の場合は主に腹部の不快感から始まり

その後急性的つまり短い時間の間に症状が出る胃炎を急性胃炎と呼びます。

 

胃の粘膜に炎症が起きると急激な胃の痛みが起きます。

胃の痛みはお腹で言うとみぞおち当たりの痛みになります。

 

痛みのほかに思い感じであったり、吐き気、嘔吐、食欲がなくなるなどの症状が出ます。

また症状が進んでくると熱が出たり血を吐いたり血便や黒色便が出たりすることがあります。

症状が軽い場合は食事にこを付けて安静にしていれば2,3日で治ります。

 

急性胃腸炎で胃カメラ(内視鏡)の検査をすると、食道、胃、十二指腸にわたって

赤みや出血、潰瘍が見られる場合があります。

胃からの出血

 

炎症がひどくなると急性胃粘膜病変という激痛を伴う胃炎の状態になることもあります。

急性胃炎の原因

急性胃炎の原因はストレスや暴飲暴食、ばい菌、ウイルスなどの感染症やアレルギー、また薬によるものなど原因は様々です。

 

急性胃炎の治療ですが胃炎が軽い場合は水分を少しずつ取りながら

胃を休ませ安静にすることによりほとんどの場合は治ってしまいます。

 

水分はこまめに補給しますが無理やりのむ必要はありません。

 

少しずつ少しずつ飲んでください。

 

吐き気や胃痛が治まってきたら消化に良いおかゆやうどんなどを少しずつ食べてみましょう。

痛みがひどくならない場合は少しずつ量を増やし通常の食事に戻していきます。

 

では症状が重い場合は?

 

病院での検査、治療

吐血や痛みが非常に強い場合は食事はとらず医療機関の受診をお勧めします。

出血の原因や胃の状態を確認するために胃カメラ(内視鏡)をする場合があります。

 

また状態を見て必要ならば点滴をしたり症状が強い場合は入院をしたりします。

治療薬としては胃酸を抑える薬や水分補給のための点滴、胃粘膜保護薬などで治療をしていきます。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は胃カメラ(内視鏡)で見つかる病気編として急性胃炎の内容をお伝えしました。

 

金花堂クリニックでは胃カメラ(内視鏡)を楽に受けていただくため経鼻内視鏡(鼻から胃カメラ)や

静脈からお薬を入れて寝ている間に行う睡眠内視鏡を行っています。

胃カメラの様子

関心がある方はお気軽にご相談ください。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長モゲル丸でした。

 

 

【肩の痛み・運動】五十肩(肩関節周囲炎)について【原因・治療、対処法】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :夜間診療(平日夜10時まで)

みなさんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

今回は五十肩について解説していきたいと思います。

 

岐阜市でも多いですよね五十肩。四十肩という言い方もありますが全く一緒の病気です。

 

正式名称を肩関節周囲炎と言います。

 

腕を回してあげたり手を後ろの方に曲げながらら肩を動かすと痛みが走ったり、肩が上がらなかったりします。

 

五十肩の初期症状から比較的痛みが強い方が多い印象ですね。

 

五十肩が痛む時間帯は夜寝る前や朝方ジンジンと肩の痛いが強くなります。

 

 

だんだんと肩が上がらなくなり腕を上にまっすぐあげる事が出来ず途中まで上げると

痛みだったり引っかかったりした感覚になり

 

最後まで腕を上げることができなくなります。

 

地味ですが大変不便な病気です。

 

主婦の場合に困るのは洗濯もを干す事が難しくなります。

 

高い所い腕を上げることができないため地味ですが色々な制限がかかってしまします。

また自動車整備の方や電気工事の方のように仕事で腕を上にあげないといけない仕事が多い方は

仕事にも支障が出たりもします。

 

五十肩の原因としては加齢や神経の状態が悪くなり五十肩が起きるのですが、

肩をぶつけていたりホルモンのバランスが崩れていると起きたりします。

 

治療は腕や肩に負担をかけないことです。

重いものを持ったり無理に物を引っ張ったりおしたりしないことです。

 

そうすることで自然と治る場合があります。

入浴をして肩を温めたり湿布を張ったりすることも効果があります。

 

マッサージもいいですね。

痛くならない程度にかるくもんでください。

 

 

痛みが強い場合は病院で薬を出したり(痛み止め)患部に注射をすることもあります。

 

注射の種類もステロイドやヒアルロン酸、また麻酔薬で神経をブロックするブロック注射もあります。

 

色々な治療法がありますが一番大事なのは先ほども言ったように腕や肩に負担をかけないことです。

痛みが何日も退かず痛みが強くなっていく場合や長期の間いたみが改善し無し場合はかかりつけに相談してみましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形は2017年5月より平日夜10時まで夜間診療を開始いたします。

これまで時間帯が合わず通うことができなかった方に便利な環境を提供するためにこれからも努力してまいります。

【ストレス・疲れ】蕁麻疹:じんましんについて【原因・治療、対処法】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

みなさん。こんにちは岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

暖かくなってきましたね。とても過ごしやすい日が続いております。

 

 

さて今回は蕁麻疹(じんましん)についてお話したいと思います。

 

岐阜市の方もこの蕁麻疹になってしまったなんて方は多いのではないでしょうか?

 

大きな病院の救急外来にいるとかなり蕁麻疹の患者さんがいることに驚きます。

 

蕁麻疹は皮膚に派手な発疹がでるので驚かれる方もおおく特にお子さんに出た場合には

親御さんたちもびっくりして特に夜は一般の皮膚科さんもしまっていることから救急外来に駆け込んでくる印象です。

さて蕁麻疹の特徴は皮膚のかゆみをおびた派手な発疹です。

 

身体のどこにでもでき顔や腕、体と場所は問いません。

 

蕁麻疹の発疹の形はいろいろで一定ではありません。丸いのもありますし丸くないのもあります。

 

大きいのも小さいのもあります。

 

さらにこの蕁麻疹の発疹の特徴は皮膚から盛り上がっているんです。

発疹には熱を帯びている場合もあります。

 

そんな発疹がでたり消えたりしながら場所をかえて徐々に広がっていきます。

全身に発疹が出る事も・・・

蕁麻疹はこのような特徴的な発疹とかゆみで診断していきます。

 

蕁麻疹は発疹が出ている期間で急性と慢性に分けられます。

一か月以内に消える蕁麻疹を急性蕁麻疹、一か月以上発疹が消えない発疹を慢性蕁麻疹と呼びます。

 

蕁麻疹の原因も様々です。一般的にアレルギー反応で起きますが、体をかいたり冷たさや暖かさ、日光や

特定の物質でなることもあります。

 

現代人のストレスや疲れも蕁麻疹の原因となります。

急激なストレスを感じると蕁麻疹がでる方もいます。

病院での蕁麻疹の治療ですが、まずは抗ヒスタミン剤を処方します。アレ〇〇とかクラ〇〇ンとかの薬が代表的ですね。

症状が強いと点滴をする場合もあります。

 

そして何が蕁麻疹の原因かをきちんと聞きます。食べ物ならどんな食べ物なのか新しい薬を飲んでいないか

ストレスはなかったか等を聞きます。そしてその蕁麻疹の原因を調べて接触しないようにします。

 

蕁麻疹が抗ヒスタミン薬で治らない場合はステロイドを使う場合もあります。

 

適切な治療をすれば早めに治る蕁麻疹ですが治療をせずにおいておくと発疹がどんどん広がるにつれ辛いかゆみが長引くことがあります。

急性蕁麻疹の場合は比較的早く治るので蕁麻疹がでたら早めの医療機関の受診をお勧めします。

 

慢性蕁麻疹の場合は特定の原因をつかむことが難しく治療が長期になる場合あります。

皮膚科の専門医と相談してみましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は蕁麻疹についてまとめてみました。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。