【水疱帯状疱疹ウイルス】水疱瘡について【原因、治療・対策】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

皆さんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

先日、帯状疱疹についてのブログを書かせていただいたのでそれに関連した病気を解説していきたいと思います。

今回の病気は同じ帯状疱疹ウイルスにかかると起きる水疱瘡(みずぼうそう)または水痘についてです。

 

岐阜市でも水疱瘡にかかる方はおおいのですが主にお子さんですね。

お母さんが最近子供がよく体をかきたがると連れてくると水疱瘡だったということが多いです。

水疱瘡のお子さんは熱があるときもあればない時もあります。熱や頭痛、だるさが起きた後に赤い湿疹が顔や体から出始めます。

水疱瘡の発疹はやがて水泡のように水膨れ上になり2,3日くらいでかさぶたになります。

発疹や水膨れ、かさぶたが混ざって出ている場合あります。 なんとなく帯状疱疹を思い浮かべる状態ですね。

 

水疱瘡はかゆいためお子さんが書いてしまって傷ができ膿んで仕舞う場合や跡が残ったりすることがあります。

水疱瘡のウイルスは発疹が現れた直後が感染力が一番強く湿疹がかさぶたになるにつれ感染力が落ちてきます。

発疹⇒水膨れ⇒かさぶたになるのにやく10日ほどかかります。

 

水疱瘡の原因は水痘帯状疱疹ウイルスと呼ばれるヒトヘルペスウイルスの感染が原因で起こります。

水疱瘡のういるすの感染力は非常に強く感染者触らなくても空気伝いに感染するのでうつらないようにするには非常にやっかいです。

 

ただ一度感染すると免疫ができるので再度かかることはありませんが、

大きくなって帯状疱疹と言われるヘルペスになる場合は有ります。

 

治療はかゆみを和らげるために皮膚に軟こうを塗ったり、抗ヒスタミン剤をしようしてかゆみを抑えます。

またウイルスが原因のため抗ウイルス剤を使う場合もあります。

 

かかる前に予防接種を受けることができます。生まれて12か月から15か月の間に最初の一回、

2回目は初回しょワクチン接種後から6か月~12か月経過した後に打ちます。

 

いかがでしたでしょうか?

今日は水疱瘡についてお話しました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長モゲル丸でした。

 

【かゆみ】帯状疱疹【痛み】 初期症状と治療 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

岐阜市でも背中や腰に帯状の湿疹がでてくる患者さんがおおくよくクリニックに訪れます。

 

そう帯状疱疹ですね。

 

今日は帯状疱疹についてお話していこうかと思います。

 

帯状疱疹の原因は水痘のウイルスが過去に感染し体のなかでじーっと悪さをせずにすみついている所、なにかの拍子で再び活性化して帯状疱疹が起こります。

じーっとしている間は症状はありません。

 

帯状疱疹の初期の症状としては帯状疱疹は湿疹が出る前、

一般的に神経痛のような痛みが出ます。背中や腰がおおい印象ですね。

痛みではなくかゆみが出る場合もありますね。

 

何日がたつと傷んだ皮膚の場所にそって帯状の発疹が起きます。

帯状疱疹の発疹が頬や耳で出た時は顔の神経麻痺がおこる場合があり、外陰部にでるとおしっこが出にくくなる場合があります。

顔面に出た場合目に発症すると失明の危険があります。

 

帯状疱疹が出た場合は場所はどこであれすぐに医療機関を受診しましょう。

 

さらに発疹に伴い、頭痛や発熱が現れる場合もあります。

 

初期がおわりさらに時間がたつと発疹のあたりが水膨れができて膿んできてしまいます。

 

半月位経つと発疹がかさぶたになり症状は治まっていきます。

 

高齢の方や糖尿病を持っていいる方はその後も帯状疱疹の痛みが続くこともありますが、

一度かかれば二度かかってしまう場合がおおく見られます。

 

帯状疱疹はそのウイルスはもともと水疱瘡にかかった方がなる病気です。

よく帯状疱疹は人に移るのかとのご質問をいただくのすが

相手が水疱瘡がかかったことがある場合は抗体があるのでうつることはありません。

 

しかしまだ水疱瘡にかかったことのない赤ちゃんや子供の場合は水疱瘡としてうつる場合もあります。

 

ですのでご家族が帯状疱疹になった場合は赤ちゃんやちいさなお子さんのような水疱瘡にかかったことがない人への

接触は控えるようにしましょう。

 

 

帯状疱疹の原因をおさらいすると昔に水痘にかかった時のウイルスが神経の中にじっと隠れています。

 

隠れているだけならば症状はでないのですが長い時間をおいて

ストレスや過労で免疫が低下したときに再び活性化することで症状が起こります。

 

帯状疱疹の治療としては抗ウイルス剤の内服や点滴など症状にあわせた治療を行います。

帯状疱疹の発疹に対してはワセリンや抗生剤軟こうや抗ウイルス剤の軟こうを使います。

 

帯状疱疹の発疹が消えた後にも痛いが続く場合がありそれに対しては非ステロイド系抗炎症薬やステロイドを飲んでいただく場合があります。

帯状疱疹の痛みが特にひどい場合は神経に対して神経ブロック注射をする場合もあります。

 

帯状疱疹の初期の症状はかるいのでついほおってしまいがちなのですが通常はだんだん悪くなっていきます。

そのため初期の内に病院やクリニックなどの医療機関の受診をおすすめします。

 

通常であれば帯状疱疹の皮膚の症状は半月から1か月の間に収まります。

しかし高齢者の場合は皮膚は良くなっても神経が痛み続けることもあるので注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか

今日は帯状疱疹についてまとめてみました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。