腎盂腎炎の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

腎盂腎炎とは

 

腎盂腎炎とは感染症によって起こる腎臓の炎症の事です。

細菌の感染によって起こる、腎盂や塵肺などの腎臓の組織の炎症の事です。

 

腎盂炎とも呼ばれていますが、腎盂以外の腎実質全体の炎症も伴うので

腎盂腎炎という名称が適当でしょう。

 

急性腎盂腎炎

症状

38度を超える高熱を発し、むかつきや嘔吐、全身の倦怠感が強く出ます。

腎臓付近や腰に板mを感じることが多く、残尿感や排尿痛も伴います。

子供の場合は、発熱、ひきつけ、食欲不振、嘔吐などの全身症状が出ます。

 

原因

尿道からさかのぼるようにして膀胱に入った細菌が、さらに尿管に逆流した尿によって腎臓に到達し

感染を起こすと事が多くなります。

又、細菌が血液中に入って感染する場合を血行性感染症、リンパ管に入る場合をリンパ行性感染と言います。

 

治療

安静を保つことと、抗菌薬の使用による化学療法が基本です。

 

慢性腎盂腎炎

症状

あまりはっきりとした症状は多くないのですが遊撃に悪化すると発熱や腰背部の痛みが起こります。

病気が進行すると、血圧の上昇や腎臓の機能低下によって尿毒症の症状がでます。

 

原因

急性腎盂腎炎の治療が不十分だった場合や再発を繰り返した場合、無症状で長期間が経過した場合に、

腎盂腎炎は慢性化します。腎臓の機能が徐々に失われ、腎不全になることがあります。

 

人工透析を受けている患者さんの1%ほどが、慢性腎盂腎炎が原因とされています。

尿の検査をし、海や細菌が尿に見られないかどうかを調べます。

 

治療

抗菌薬を用いて化学療法を行います。