胃カメラで見つかる病気シリーズ⑦ 胃アニサキス症 【初期症状、原因、治療】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :胃カメラ(内視鏡)経鼻内視鏡、睡眠内視鏡、夜間診療(平日夜10時まで)

みなさんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

今日は胃カメラ(内視鏡)で見つかる病気シリーズの第七弾をお話しようと思います。

 

胃カメラの本体

 

今回は自覚症状が非常につよい腹痛を起こすがおおい胃アニサキスにについて解説していきます。

 

胃アニサキス症とは

胃アニサキスは胃に口から人間の胃に入り込む寄生虫です。

白い糸のような寄生虫で胃の粘膜にかみつき非常に強い腹痛を引き起こします。

 

胃アニサキスはアニサキスの幼虫に感染した魚の刺身やお寿司などを

食べる事によってアニサキスが口から胃に入り胃の粘膜から体内に入りこもうとして

かみつき非常につよい腹痛を引き起こすのが特徴です。

 

アニサキスが入り込んでから数時間がたつと突然その激痛が走ります。

 

痛みのほかに蕁麻疹がでたり吐き気、嘔吐、症状がひどいと腸閉塞や

胃に穴があく胃穿孔と言う状態をひきおこす場合もあり食中毒としてはつよい中毒反応を起こします。

 

アニサキス症の原因

アニサキスはサバやアジ、イワシ、タラ、サケ、イカ、ニシンなどついています。

これらを生で食べたば場合アニサキスに感染する可能性があります。

 

アニサキスは長い糸状の寄生虫でその長さは2㎝を超える場合もあります。

しかしアニサキスの幼虫をたべた人すべてがアニサキス症になるわけではありません。

 

しかしアニサキスは寄生虫のため人間の体が反応しアレルギー反応を起こす場合があり皮膚にブツブツができるいわゆる蕁麻疹の状態になる場合もあります。

 

アニサキス症の治療

治療としてはアニサキスを胃カメラを使って取り除きます。

胃カメラは口から食道、胃、十二指腸の入り口までしか入らないのでそこまでに感染したアニサキスしか取り除くことができません。

 

なおアニサキスは人間の体の中ではずっと生きることはできないので1週間程度でアニサキスは死んでしまいます。

 

しかし小腸に到達したアニサキス症は腸閉塞などを引き起こす場合もあり注意が必要です。

 

生のお魚を食べて腹痛がある場合はなるべく早めに医療機関を受診してください。

 

金花堂クリニックでも夜の腹痛の患者さんに緊急胃カメラを行ったときにこのアニサキス症だった患者さんもいました。

内視鏡でアニサキスを除去し翌日には痛みが引きましたが大変危険な感染症です。

 

さていかがでしたでしょうか?

今回は胃カメラ(内視鏡)で見つかる病気編第七弾として胃アニサキスの内容をお伝えしました。

 

金花堂クリニックでは胃カメラ(内視鏡)を楽に受けていただくため経鼻内視鏡(鼻から胃カメラ)や

静脈からお薬を入れて寝ている間に行う睡眠内視鏡を行っています。

胃カメラの様子

関心がある方はお気軽にご相談ください。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長モゲル丸でした。

 

【原因】食中毒のあれこれ【予防、治療】 症状が出始める時間や潜伏期間など 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形外科

こんにちは。みなさん。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

だいぶ暖かくなってきましたね。気温があがって天気も良いと体調も良くなりやすくなりますが、

気を付けなくてはいけない病気もこのころから出てきます。

 

今日はそんな病気である食中毒についてお話していきます。

 

食中毒を起こす原因には大きく分けて細菌、ウイルス、自然毒、化学物質なとがあります。

特に冬場に発生するのノロウイルスの食中毒が最も多く続いてカンピロバクター、サルモネラ菌と続きます。

気温が高いこれからの時期から夏にかけて発生していくのですが、食中毒自体は年中患者さんは発生しています。

ノロウイルスによる食中毒の季節になる秋や冬にもおおく発生しています。

 

食中毒は予防が特に大事であり食中毒のほとんどは食中毒を引き起こすばい菌がついた食品が原因となります。

この食中毒から家族を守るためにはこのようなばい菌やウイルスなどがつかない(手や食器や包丁をよく洗う)ように

またばい菌やウイルスがついていても増やさない(冷蔵保管)、ばい菌をやっつける(焼く、煮る等)ことが大事ですね。

 

食中毒を防ぐためには肉や野菜、お魚などは傷んでいないか、汁が出ていないかなどを確認しましょう。

もちろん消費期限があればその確認も忘れずに。

 

上に書いた内容でばい菌ウイルスを増やさないとありますがこの増やさないに該当する過程での冷蔵保管ですが

冷凍や冷蔵が必要な食品はすぐに冷蔵庫、冷凍庫に入れましょう。肉や魚はほかの食べ物にその汁がつかないように別個に保管します。

 

そして最後にばい菌をやっつける方法です。

料理をする前にはしっかり手を洗います。生の肉や魚、卵などを触ったらすぐに手を洗うようにしましょう。

またキッチンや床、ふきん、包丁、まな板などもしっかりと洗い清潔を保ちます。

加熱が必要なな食べ物は充分に加熱をしましょう。85度以上で1分以上加熱するのが目安です。

しっかり加熱してばい菌を退治してしまいましょう。

 

食事前にも後にもしっかり手を洗いましょう。

 

実際食中毒になってしまったら・・・

ばい菌やウイルスが体に入ると病原菌にもよりますが5~6時間くらいから症状が出始める場合が多いですが早いと1時間ただずに嘔気、嘔吐、下痢などの

症状が出てくる場合があります。

 

 

嘔吐物は素手で触らず必ずビニールやゴム手袋、そしてマスクをしてティッシュなどでふき取りましょう。

マスクや手袋は食中毒の感染防止のため再利用せず必ず捨てるようにします。

 

なお捨てる際にはビニールを2重にして捨てます。必ず上を縛って食中毒の菌が外に出ないようにします。

処理をした人は念入りに手を洗ってください。

 

症状が軽くならない場合は病院やクリニックに受診することをお勧めします。

 

また治療はばい菌が食中毒の原因なら抗生剤投与を行う場合もありウイルス(ノロウイルス等)の場合は抗生剤は効かないので症状により水分補給を行います。

嘔吐、下痢が続く場合は脱水症状を起こす場合もありますので各直中毒にかかわらず身体の状態により入院する場合ああります。

若い方は問題になりにくくすぐに回復する場合が多いのですが問題は小さいお子さんや高齢者の方です。

 

家庭で見ていて嘔吐や下痢がいつもよりも激しい場合はすぐに病院やクリニックに受診をしてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?今日は食中毒のお話をさせていただきました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。

 

 

小児喘息について 原因とその治療 岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形

みなさん。こんにちは岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸です。

 

岐阜市の小児の患者さんを見ていると小児喘息の方を見させていただくことがあります。

お子さんが喘息で苦しそうにしていると見ている親御さんたちは

自分たちが病気になること以上に心配になるといいますね。

 

そこで今日はお子さんの喘息、いわゆる小児喘息について説明したいと思います。

 

喘息とは簡単にいうとアレルギー反応による気道の慢性的(期間の長い)な炎症の事をさします。

 

小児喘息は普段、ほぼ症状のない無症状の状態なのですが、

 

呼吸をするときにヒューヒュー、ゼーゼーと言う音がでます。

 

このような息をするときは息苦しそうになるのが小児喘息の大きな特徴の一つですです。

発作の時間も長いので発作が起きる前に治療が必要です。

 

チェックしてあげてください。

また喘息が続くと咳が治まらず痰が増えたりひどくなると呼吸困難になる場合もあります。

 

小児喘息の原因は気道と言われる息の通り道にアレルギー反応である慢性的(長い期間)な炎症が起こり、

わずかな刺激にも敏感に反応し気道が収縮してしまい狭くなってしまします。

その結果息ができなくなり発作が起きるのです。

 

喘息の慢性的な炎症の原因としては子供ではほとんどが

アレルギー反応によるものでダニやほこりなどのアレルギーの元になる

物質の吸入、そのほかにウイルス感染などが引き金になって症状が現れます。

 

小児喘息の治療は普段からの環境整備(掃除やアレルゲンを避ける予防)と治療が大事です。

 

喘息発作をおおさせないために、まず吸入ステロイド薬やロイコトリエン受容体拮抗薬などを中心とした薬物療法により

気道の炎症を改善します。

 

このほかに布団のダニ、部屋の掃除をしてほこりを除去するなどの環境整備や

適度な運動による体力アップを合わせて行うといいでしょう。

 

アレルギー物質を避けるためにマスクをつけることも大切です。

 

もし喘息発作が起こった時には気管支拡張剤を使用して呼吸を楽にしてあげる事ができます。

小児喘息は大人になると治る場合が多いですのでそれまでの間は治療をしっかりしてあげてください。

 

もしこのような症状があるお子様がいらしたら病院やクリニックに行きかかりつけ医に相談しましょう。

岐阜市金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸でした。