毛じらみ症の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

毛じらみ症について

 

毛じらみ症の症状はとにかく強いかゆみです。

毛じらみは体長1㎜程の吸血性の虫で、陰毛などの毛の有る所に住み着き、主に性交によって感染します。

症状は外陰部などの猛烈なかゆみです。

寝具を通しても感染するので、腋毛や髪の毛に規制することもあります。

 

原因

毛じらみが毛に寄生することで起こります。

 

治療

フェノトリンのパウダーかシャンプーで駆除します。

パウダーは散布して1時間ほどおいてあらい流します。

シャンプーの場合は陰毛を濡らした後にシャンプーをつけ5分ほどおいてから洗い流します。

シャンプーは卵の中への効果が弱いため、ふ化のタイミングに合わせ3日間で3,4回使用します。

パートナーと一緒に治療することが大切です。