【水疱帯状疱疹ウイルス】水疱瘡について【原因、治療・対策】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

皆さんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

先日、帯状疱疹についてのブログを書かせていただいたのでそれに関連した病気を解説していきたいと思います。

今回の病気は同じ帯状疱疹ウイルスにかかると起きる水疱瘡(みずぼうそう)または水痘についてです。

 

岐阜市でも水疱瘡にかかる方はおおいのですが主にお子さんですね。

お母さんが最近子供がよく体をかきたがると連れてくると水疱瘡だったということが多いです。

水疱瘡のお子さんは熱があるときもあればない時もあります。熱や頭痛、だるさが起きた後に赤い湿疹が顔や体から出始めます。

水疱瘡の発疹はやがて水泡のように水膨れ上になり2,3日くらいでかさぶたになります。

発疹や水膨れ、かさぶたが混ざって出ている場合あります。 なんとなく帯状疱疹を思い浮かべる状態ですね。

 

水疱瘡はかゆいためお子さんが書いてしまって傷ができ膿んで仕舞う場合や跡が残ったりすることがあります。

水疱瘡のウイルスは発疹が現れた直後が感染力が一番強く湿疹がかさぶたになるにつれ感染力が落ちてきます。

発疹⇒水膨れ⇒かさぶたになるのにやく10日ほどかかります。

 

水疱瘡の原因は水痘帯状疱疹ウイルスと呼ばれるヒトヘルペスウイルスの感染が原因で起こります。

水疱瘡のういるすの感染力は非常に強く感染者触らなくても空気伝いに感染するのでうつらないようにするには非常にやっかいです。

 

ただ一度感染すると免疫ができるので再度かかることはありませんが、

大きくなって帯状疱疹と言われるヘルペスになる場合は有ります。

 

治療はかゆみを和らげるために皮膚に軟こうを塗ったり、抗ヒスタミン剤をしようしてかゆみを抑えます。

またウイルスが原因のため抗ウイルス剤を使う場合もあります。

 

かかる前に予防接種を受けることができます。生まれて12か月から15か月の間に最初の一回、

2回目は初回しょワクチン接種後から6か月~12か月経過した後に打ちます。

 

いかがでしたでしょうか?

今日は水疱瘡についてお話しました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長モゲル丸でした。