【原因】食中毒のあれこれ【予防、治療】 症状が出始める時間や潜伏期間など 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形外科

こんにちは。みなさん。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

だいぶ暖かくなってきましたね。気温があがって天気も良いと体調も良くなりやすくなりますが、

気を付けなくてはいけない病気もこのころから出てきます。

 

今日はそんな病気である食中毒についてお話していきます。

 

食中毒を起こす原因には大きく分けて細菌、ウイルス、自然毒、化学物質なとがあります。

特に冬場に発生するのノロウイルスの食中毒が最も多く続いてカンピロバクター、サルモネラ菌と続きます。

気温が高いこれからの時期から夏にかけて発生していくのですが、食中毒自体は年中患者さんは発生しています。

ノロウイルスによる食中毒の季節になる秋や冬にもおおく発生しています。

 

食中毒は予防が特に大事であり食中毒のほとんどは食中毒を引き起こすばい菌がついた食品が原因となります。

この食中毒から家族を守るためにはこのようなばい菌やウイルスなどがつかない(手や食器や包丁をよく洗う)ように

またばい菌やウイルスがついていても増やさない(冷蔵保管)、ばい菌をやっつける(焼く、煮る等)ことが大事ですね。

 

食中毒を防ぐためには肉や野菜、お魚などは傷んでいないか、汁が出ていないかなどを確認しましょう。

もちろん消費期限があればその確認も忘れずに。

 

上に書いた内容でばい菌ウイルスを増やさないとありますがこの増やさないに該当する過程での冷蔵保管ですが

冷凍や冷蔵が必要な食品はすぐに冷蔵庫、冷凍庫に入れましょう。肉や魚はほかの食べ物にその汁がつかないように別個に保管します。

 

そして最後にばい菌をやっつける方法です。

料理をする前にはしっかり手を洗います。生の肉や魚、卵などを触ったらすぐに手を洗うようにしましょう。

またキッチンや床、ふきん、包丁、まな板などもしっかりと洗い清潔を保ちます。

加熱が必要なな食べ物は充分に加熱をしましょう。85度以上で1分以上加熱するのが目安です。

しっかり加熱してばい菌を退治してしまいましょう。

 

食事前にも後にもしっかり手を洗いましょう。

 

実際食中毒になってしまったら・・・

ばい菌やウイルスが体に入ると病原菌にもよりますが5~6時間くらいから症状が出始める場合が多いですが早いと1時間ただずに嘔気、嘔吐、下痢などの

症状が出てくる場合があります。

 

 

嘔吐物は素手で触らず必ずビニールやゴム手袋、そしてマスクをしてティッシュなどでふき取りましょう。

マスクや手袋は食中毒の感染防止のため再利用せず必ず捨てるようにします。

 

なお捨てる際にはビニールを2重にして捨てます。必ず上を縛って食中毒の菌が外に出ないようにします。

処理をした人は念入りに手を洗ってください。

 

症状が軽くならない場合は病院やクリニックに受診することをお勧めします。

 

また治療はばい菌が食中毒の原因なら抗生剤投与を行う場合もありウイルス(ノロウイルス等)の場合は抗生剤は効かないので症状により水分補給を行います。

嘔吐、下痢が続く場合は脱水症状を起こす場合もありますので各直中毒にかかわらず身体の状態により入院する場合ああります。

若い方は問題になりにくくすぐに回復する場合が多いのですが問題は小さいお子さんや高齢者の方です。

 

家庭で見ていて嘔吐や下痢がいつもよりも激しい場合はすぐに病院やクリニックに受診をしてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?今日は食中毒のお話をさせていただきました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。

 

 

インフルエンザについて 岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸です。

 

 

今日は岐阜市でも冬に入ってくると流行するインフルエンザについて説明をしていきたいと思います。

インフルエンザは世界各地で毎年発生する流行性感冒と言われており世界で見てもよくある病気の一つです。

 

岐阜市の皆さんもインフルエンザにかかり内科さんや病院、クリニックにかかったことも多いのではないでしょうか?

 

インフルエンザは風邪の一種で全身に症状が出ることが特徴です。

 

症状は初期は風邪とそんなに変わりませんが症状がひどくなると高熱や関節痛、全身倦怠感などの症状が出ます。

人から移ると1~3日くらい症状が出ない状態の潜伏期と言われる状態でいますが体の中でウイルスが増えてくると寒気や40度近くの高熱と重い症状が急速に出てきます。

 

その後は関節痛や筋肉痛、鼻水やのどの痛み、くしゃみや咳などの症状が出始め吐き気や下痢なども引き起こす場合があります。

多くの場合は症状の強さから寝込んでしまう場合が多いのが現状です。

 

特別な合併症がなければ2,3日くらいで治りますが熱は5日程度持続咳は10日を超える場合もありまた感染力も強いため登校や就業が規制されます。

発症して5日、解熱後2日は症状が軽くても完治するまで登校や出勤はしてはいけません。

 

外出も周りの人ににウイルスを感染させる危険があるため控えましょう。

お子さん(乳児、小児)や高齢者や心臓、肺の慢性的な疾患がある場合は重症化しやすく入院が必要になる場合もあります。

肺炎や脳炎のような合併症が起きると最悪死亡してしまう場合があるので注意が必要です。

 

インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因の感染症です。その感染力は非常に強く流行することから流行性感冒と言われているほどです。

感染した患者さんのくしゃみや咳で飛びちったウイルスを吸い込んだ場合に感染することが多いです。

時期は秋の終わりから冬の始まりに流行りだし冬にかけて流行します。

 

岐阜市でもこの同時期位から発生しています。

 

患者さんの数があまりに多い場合は学校が休みになったり職場を休んだりします。

 

インフルエンザにはA型B型それと実はあまり知られていないのですがC型と言われるものがありますがC型は症状があまりでないためほぼ問題になりません。

特にA型インフルエンザは数十年に一度世界的大流行を引き起こします。また再感染が多いのもA型インフルエンザの特徴と言えるでしょう。

A型B型とインフルエンザは有りますが症状からそのどちらかという判断はできません。内科さんや病院、クリニックで検査をしなくてはいけません。

岐阜市でも毎年たくさんの患者さんが発症しています。

 

治療としては発症2日目位までの場合は抗インフルエンザ薬(タミフルやイナビル等)を投与される場合が多くまた発熱やのどの痛みに対する症状に

アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)を使う場合もあります。

 

解熱剤を使う場合は非ステロイド系抗炎症薬と言われる薬はインフルエンザ脳症との関連があると言われているため

小児への使用は避けるべきと言われています。

 

金花堂クリニックでは大人に対してもこの非ステロイド系抗炎症薬は使用せずアセトアミノフェンを使っています。

 

しかしこのような感染症は治療よりも予防の効果の方が高いため手洗いうがいやワクチン接種が大事なのです。

 

なお学校や出勤の禁止期間はインフルエンザ発症5日の経過、解熱後2日です。

 

今日はインフルエンザについて解説しました。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形外科院長 モゲル丸でした。