副鼻腔炎について その原因と治療 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

皆さんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

今日は副鼻腔炎のお話をしたいと思います。

副鼻腔炎とは鼻腔の周囲にあるいくつかの空洞(空間)を副鼻腔と言います。

副鼻腔と鼻腔に何らかの原因で炎症が起きることを副鼻腔炎と言います。

 

副鼻腔は狭い穴で鼻腔とつながっているため、副鼻腔にウイルスやばい菌(ばい菌)などの微生物が感染

し鼻腔内に炎症が起きると粘膜が腫れ分泌物が排出されるその分泌物が副鼻腔にたまりどんどん副鼻腔の炎症が悪化してしまいます。

 

副鼻腔炎の種類としては急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎がありますが症状は似ています。

鼻水、鼻づまり、頭痛などが主な症状です。

アレルギー反応を起こしやすい人や風邪をひきやすい人は副鼻腔炎になりやすいと言われています。

鼻の骨の曲がり、鼻中隔の形に異常がある人も副鼻腔炎になりやすいです。

 

急性副鼻腔炎ですが主な症状は鼻水です。

頭痛や発熱をする場合があり顔をうつむきにすると痛みが強くなる場合があります。

炎症がおきやすい所は頬の上顎洞です。

上顎洞の炎症の場合は歯が痛くなる場合もあります。

前頭洞(おでこ)に炎症が起きると目の周囲やおでこが痛くなります。

 

副鼻腔炎の原因としてはウイルスやばい菌などの微生物による感染が原因です。

風邪をひいた場合に起こった鼻腔の炎症が副鼻腔炎を引き起こす場合もあります。

合併症として咽頭や鼻炎を引き起こす場合もあります。

 

副鼻腔炎の治療はばい菌の感染の場合は抗生剤治療をする場合があります。

他には炎症を鎮める消炎剤やネブライザーと呼ばれる装置で蒸気をあてて喚起と分泌物の排泄を促すのも効果的です。

副鼻腔炎が重症化した場合には鼻の穴から上顎洞に針をさして膿を洗う方法も必要な場合があります。

 

次に慢性副鼻腔炎ですがこれは蓄膿症とも言います。

副鼻腔炎を放置した場合や副鼻腔にできた炎症が長い間続いた状態です。

慢性化した場合は鼻茸と呼ばれるポリープが見つかる場合もあります。

 

それによって鼻の通りが悪くなりますます副鼻腔炎が悪化します。

鼻が詰まると口呼吸になるので喉の乾燥が起きてのどの痛みや炎症の元となります。

 

そのほかに頭痛や発熱が起きる場合もあります。

副鼻腔炎の治療は鼻水の吸引や副鼻腔の洗浄、薬物治療などを行います。

症状が治らないほど長期になった場合は鼻の穴と副鼻腔をつなぐ手術をする場合もあります。

 

このように副鼻腔炎は様々な症状を引き起こし慢性化もあり得る病気と言えます。

手洗いやうがいマスクなどで予防していただき症状が長く続く場合は副鼻腔炎の可能性があります。

岐阜市の皆様もこのような症状が長く続いた場合は一度病院やクリニックに行きかかりつけ医に相談してください。ふく

 

インフルエンザについて 岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形外科院長のモゲル丸です。

 

 

今日は岐阜市でも冬に入ってくると流行するインフルエンザについて説明をしていきたいと思います。

インフルエンザは世界各地で毎年発生する流行性感冒と言われており世界で見てもよくある病気の一つです。

 

岐阜市の皆さんもインフルエンザにかかり内科さんや病院、クリニックにかかったことも多いのではないでしょうか?

 

インフルエンザは風邪の一種で全身に症状が出ることが特徴です。

 

症状は初期は風邪とそんなに変わりませんが症状がひどくなると高熱や関節痛、全身倦怠感などの症状が出ます。

人から移ると1~3日くらい症状が出ない状態の潜伏期と言われる状態でいますが体の中でウイルスが増えてくると寒気や40度近くの高熱と重い症状が急速に出てきます。

 

その後は関節痛や筋肉痛、鼻水やのどの痛み、くしゃみや咳などの症状が出始め吐き気や下痢なども引き起こす場合があります。

多くの場合は症状の強さから寝込んでしまう場合が多いのが現状です。

 

特別な合併症がなければ2,3日くらいで治りますが熱は5日程度持続咳は10日を超える場合もありまた感染力も強いため登校や就業が規制されます。

発症して5日、解熱後2日は症状が軽くても完治するまで登校や出勤はしてはいけません。

 

外出も周りの人ににウイルスを感染させる危険があるため控えましょう。

お子さん(乳児、小児)や高齢者や心臓、肺の慢性的な疾患がある場合は重症化しやすく入院が必要になる場合もあります。

肺炎や脳炎のような合併症が起きると最悪死亡してしまう場合があるので注意が必要です。

 

インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因の感染症です。その感染力は非常に強く流行することから流行性感冒と言われているほどです。

感染した患者さんのくしゃみや咳で飛びちったウイルスを吸い込んだ場合に感染することが多いです。

時期は秋の終わりから冬の始まりに流行りだし冬にかけて流行します。

 

岐阜市でもこの同時期位から発生しています。

 

患者さんの数があまりに多い場合は学校が休みになったり職場を休んだりします。

 

インフルエンザにはA型B型それと実はあまり知られていないのですがC型と言われるものがありますがC型は症状があまりでないためほぼ問題になりません。

特にA型インフルエンザは数十年に一度世界的大流行を引き起こします。また再感染が多いのもA型インフルエンザの特徴と言えるでしょう。

A型B型とインフルエンザは有りますが症状からそのどちらかという判断はできません。内科さんや病院、クリニックで検査をしなくてはいけません。

岐阜市でも毎年たくさんの患者さんが発症しています。

 

治療としては発症2日目位までの場合は抗インフルエンザ薬(タミフルやイナビル等)を投与される場合が多くまた発熱やのどの痛みに対する症状に

アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)を使う場合もあります。

 

解熱剤を使う場合は非ステロイド系抗炎症薬と言われる薬はインフルエンザ脳症との関連があると言われているため

小児への使用は避けるべきと言われています。

 

金花堂クリニックでは大人に対してもこの非ステロイド系抗炎症薬は使用せずアセトアミノフェンを使っています。

 

しかしこのような感染症は治療よりも予防の効果の方が高いため手洗いうがいやワクチン接種が大事なのです。

 

なお学校や出勤の禁止期間はインフルエンザ発症5日の経過、解熱後2日です。

 

今日はインフルエンザについて解説しました。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形外科院長 モゲル丸でした。