【血圧・糖尿病など】ジェネリック医薬品(後発薬品)について【メリット・デメリット】 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

皆さんはジェネリック医薬品ってご存知ですか?

よく病院やクリニックで処方箋をもらい薬局に行くとジェネリック医薬品にしませんか?

 

成分は一緒ですし値段もお安くなりますよとジェネリック医薬品に変えたこともある方も多いかと思います。

ジェネリック薬品とは

 

今日はそんなジェネリック医薬品についてご説明したいと思います。

 

そもそもジェネリック医薬品というと偽物とかまがい物なんてイメージされる方も多いのですが

ジェネリック医薬品とはいわゆる後発薬品といわれるものです。

 

ジェネリック医薬品=後発医薬品です。

 

ではジェネリック医薬品(後発薬品)とは何でしょうか?

 

では後発薬品ではない先発医薬品から勉強していきましょう。

 

先発医薬品とは名前の通り製薬会社が開発費をかけて一番最初に作り出した薬の事です。

一番最初に作っているので競争相手はいませんね。

 

また医薬品は開発されてから一定期間の間は開発した薬品会社が独占的に製造、販売を行うことができます。

こうすることで先にかけた膨大な開発費用を回収します。

 

この一定期間を特許期間といい独占的に製造販売を行うことができるのです。

 

このように最初に開発した薬品会社の薬を先発医薬品と言います。

 

これに対し特許期間が過ぎた後で開発した会社とは別の薬品会社によって製造、販売されるお薬をジェネリック医薬品(後発医薬品)と呼びます。

 

ジェネリック医薬品は厚生労働省が主成分とその効果が同じであることを確かめているものですから偽物とかまがい物ではありません。

しかも開発費が最小限で済むため先発医薬品に比べ値段が安くすむというメリットがあります。

値段は大体がほぼ半額近くになるイメージですね。

 

ではジェネリック医薬品は先発医薬品と全く一緒なのでしょうか?

デメリットはないのでしょうか?

確かに先発品と主成分は同等です、しかし主成分以外の添加される物質が異なる場合があります。

 

そのために先発品では起きなかったアレルギー反応等の副作用が起きたり、

体内で吸収される時間が変わったりして効き方が先発品と違うと感じる場合もあります。

 

また先発品では必ず行われる温度や湿度のによる薬品の劣化を調べる試験は後発品では実施する義務はありません。

そのため品質の劣化の速度が先発品と違う場合もあります。

 

ジェネリック医薬品を望まれる場合は?

全ての薬でジェネリック医薬品があるわけではありません。

 

今飲まれている薬をジェネリックに変更する場合は医師や調剤薬局、

または院内処方を行っている病院やクリニックにその内容をお伝えください。

 

岐阜市金花堂クリニック内科・整形では豊富なジェネリック薬品を取り揃えています。

高血圧症や糖尿病、高脂血症などの慢性疾患(持病)をお持ちでたくさんの薬を飲まれている方は

ジェネリックすることによりお薬代がかなり安く抑える事ができると思います。

 

なお岐阜市金花堂クリニック内科・整形はお薬を原則すべて分包してお出ししていますが別途料金はいただいておりません。

特に高齢者の方は薬が飲みやすくなるのでおすすめです。

 

分包することによりお薬の飲み忘れや誤飲を防ぐことができ

安全、安心のお薬を医師から患者様に直節手渡ししております。

 

是非一度ご相談ください。

 

今回はジェネリック医薬品について説明をさせていただきました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。

糖尿病の合併症 糖尿病網膜症 岐阜市 六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市 六条南金花堂クリニック内科・整形の院長 モゲル丸です。

 

今日は糖尿病の合併症の中で3大合併症と言われる合併症の一つである糖尿病網膜症について解説します。

糖尿病というのは初期の段階ではほどんど自覚症状がありません。末期になるにつれ重い合併症が併発する可能性があるので

初期の内に診断し血糖のコントロールを行うことで末期に起きる各種合併症を防ぐことができます。

 

糖尿病網膜症も初期にはほぼ自覚症状がないのですが末期や症状が重症化すると失明する可能性が大きくなるため

やはり末期になる前の初期の内に糖尿病を見つけ治療したいですね。

 

それでは糖尿病網膜症の解説をしたいともいます。

そもそも糖尿病は末期になるにつれ合併症が起きてきます。糖尿病腎症、糖尿病神経症そして今回説明する糖尿病性網膜症です。

 

これらを合わせて三大糖尿病性合併症と言われています。

これら糖尿病性の合併症は糖尿病を発症してから数年から10年以上たってから発症する場合がおおく初期の内はほとんど自覚症状はありません。

自覚症状は末期、特に重症化した時に自覚症状がでるのですが症状が出るころには相当、糖尿病の症状が進んでいる末期の状態がほとんどです。

 

糖尿病性網膜症と言われる合併症は初期の段階の単純糖尿病網膜症と言われる状態から前増殖糖尿病網膜症そして末期、重症段階の増殖糖尿病網膜症と目の合併症が進んでいきます。

単純糖尿病網膜症はもっとも初期の段階の目の合併症でありますが自覚症状は有りません。しかし目の状態の変化を見ていくため半年に一度は病院やクリニックに行き眼底検査を受けるようにおすすめします。

次に前増殖糖尿病網膜症と言われる合併症ですがこの段階でも自覚症状は有りません。網膜の血管が詰まり白い斑点やむくみが現れます。この時に目の毛細血管が増殖していくためこのような名前の病気になっています。この場合は2~3か月に1度病院やクリニックに行き眼底検査をおすすめします。

 

最後に増殖糖尿病網膜症と言われる合併症ですがこれはかなり重度、末期の状態です。毛細血管の増殖が進みこのよわい毛細血管が破れた場合硝子体出血といわれる大出血をする場合があり

出血が起きると網膜剥離を引き起こし最悪の場合失明することがあります。一度失明すると視力は糖尿病が治ったとしても治らない場合が多いのが現状です。

日本では年間3000人くらい失明していると言われています。

こうなる前に目のかすみやゆがみの症状が出た場合には病院やクリニックのかかりつけに相談してみましょう。

 

このような状態にならないためにも糖尿病を初期の段階で見つけだし末期になる前治療する必要があります。

初期で当病病を見つけたら運動療法や食事療法また投薬等の内科的治療で血糖値のコントロールを行います。

糖尿病網膜症がすすんでしまった場合は目の奥の毛細血管の増殖を防ぐためレーザー光線を使う治療をします。

毛細血管の増殖をおさえて合併症である毛細血管の破裂を防ぐためです。

ただこれは網膜出血と言われる合併症を防ぐには有効ですが失った視力を回復させることは困難なのです。

 

硝子体出血や網膜剥離、あるいは黄斑の浮腫が進行している場合は硝子体を取り除く手術を行います。

この手術もやはり失った視力を回復するこは難しく出血の予防的な手段となります。

 

若年性の糖尿病は特に進行が速いのでこのような末期の状態まで進行させず初期で見つけ初期で治療することが大切なのです。

 

いかがでしたでしょうか?

今日は糖尿病の合併症として糖尿病網膜症を解説しました。

 

岐阜市 六条南 金花堂クリニック内科・整形 院長モゲル丸でした。