坐骨神経痛の症状、原因や治療について ~岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 夜間診療(平日夜10時まで)しています。

坐骨神経痛について

 

坐骨神経痛とはふとももから足にかけての痛みであり坐骨神経が刺激されると

お尻の片側や太ももの後ろ、ふくらはぎが痛み、かかとやくるぶしまで痛みが響くことがあります。

 

坐骨神経痛の痛みは、安静にしていても続くことが多く、体を曲げると痛みが強くなります。

そのほかに、足のしびれや感覚鈍化、腱反射の異常、歩行障害がみられることがあります。

痛みを軽くするために痛まない方の足に体重を掛けていると、荒田が横に曲がった姿勢(坐骨神経側弯症)になることもあります。

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、変形性腰椎症などのために、坐骨神経が刺激、圧迫されることによります。

帯状疱疹、糖尿病、アルコール依存症などが原因となることもあります。

 

坐骨神経痛の治療

脊椎に異常がある場合は整形外科、神経自体の原因と思われる場合は神経内科の担当になります。

整形外科では、薬やけん引療法、装具療法、温熱療法、時に手術も行われます。

神経内科では保存療法、鎮痛剤や消炎剤などの処方が行われます。

【腰痛・運動】変形性腰椎症について【原因・治療、対処法】岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形 :夜間診療(平日夜10時まで)

皆さんこんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

今日は腰痛についてお話したいと思います。

 

変形性腰椎症ですがこの病気は高齢者の腰痛の主要な原因の一つとなっています。

腰の骨は体重がかかりやすいので負担がかかりやすく加齢や労働などの影響を特に受ける場所でもあります。

 

腰がえらい、重い、痛い、すっきりしないなどの症状やお尻や太もも足にかけてしびれを感じることも多くあります。

変形性腰椎症がある方でも自覚症状がない場合も多くレントゲンをとり始めてわかったという患者さんもみえます。

 

原因としては過度の体重や長年の肉体労働による骨の変形です。骨だけではなく骨と骨の間にある椎間板と言われるところの変形も原因となります。

この変形が原因となり腰やその周囲の痛みやしびれの原因となるのです。

 

治療ですがレントゲンで偶然変形が見つかった方で痛みがない場合は治療の必要はありません。

 

 

また症状が軽い場合も治療が必要ない場合もおおく自分の生活を今まで通りおくっていただきます。

運動は可能な範囲で充分していただきますが腰に負担のかからない運動をします。

ストレッチ運動もよいでしょう。

 

運動をしない場合は筋肉が衰え骨を支える力が弱くなってしまうため過度な安静はとらないようにしてください。

 

症状が悪化する場合もあります。

 

体を温めるのもよい治療となります。

 

温泉やホットパックや超音波治療で患部を温めると炎症が和らぎます。

これを消炎鎮痛処置と言います。

薬をつか合う場合は非ステロイド系抗炎症薬や筋肉の緊張をとく筋肉弛緩剤、ビタミン剤などを使います。

 

また痛みが強い場合はコルセットを作る場合もあります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

今日は腰痛の原因である変形性腰椎症について解説をいたしました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形は2017年5月より平日夜10時まで夜間診療を開始いたします。

これまで時間帯が合わず通うことができなかった方に便利な環境を提供するためにこれからも努力してまいります。