【血圧・糖尿病など】ジェネリック医薬品(後発薬品)について【メリット・デメリット】 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長のモゲル丸です。

 

皆さんはジェネリック医薬品ってご存知ですか?

よく病院やクリニックで処方箋をもらい薬局に行くとジェネリック医薬品にしませんか?

 

成分は一緒ですし値段もお安くなりますよとジェネリック医薬品に変えたこともある方も多いかと思います。

ジェネリック薬品とは

 

今日はそんなジェネリック医薬品についてご説明したいと思います。

 

そもそもジェネリック医薬品というと偽物とかまがい物なんてイメージされる方も多いのですが

ジェネリック医薬品とはいわゆる後発薬品といわれるものです。

 

ジェネリック医薬品=後発医薬品です。

 

ではジェネリック医薬品(後発薬品)とは何でしょうか?

 

では後発薬品ではない先発医薬品から勉強していきましょう。

 

先発医薬品とは名前の通り製薬会社が開発費をかけて一番最初に作り出した薬の事です。

一番最初に作っているので競争相手はいませんね。

 

また医薬品は開発されてから一定期間の間は開発した薬品会社が独占的に製造、販売を行うことができます。

こうすることで先にかけた膨大な開発費用を回収します。

 

この一定期間を特許期間といい独占的に製造販売を行うことができるのです。

 

このように最初に開発した薬品会社の薬を先発医薬品と言います。

 

これに対し特許期間が過ぎた後で開発した会社とは別の薬品会社によって製造、販売されるお薬をジェネリック医薬品(後発医薬品)と呼びます。

 

ジェネリック医薬品は厚生労働省が主成分とその効果が同じであることを確かめているものですから偽物とかまがい物ではありません。

しかも開発費が最小限で済むため先発医薬品に比べ値段が安くすむというメリットがあります。

値段は大体がほぼ半額近くになるイメージですね。

 

ではジェネリック医薬品は先発医薬品と全く一緒なのでしょうか?

デメリットはないのでしょうか?

確かに先発品と主成分は同等です、しかし主成分以外の添加される物質が異なる場合があります。

 

そのために先発品では起きなかったアレルギー反応等の副作用が起きたり、

体内で吸収される時間が変わったりして効き方が先発品と違うと感じる場合もあります。

 

また先発品では必ず行われる温度や湿度のによる薬品の劣化を調べる試験は後発品では実施する義務はありません。

そのため品質の劣化の速度が先発品と違う場合もあります。

 

ジェネリック医薬品を望まれる場合は?

全ての薬でジェネリック医薬品があるわけではありません。

 

今飲まれている薬をジェネリックに変更する場合は医師や調剤薬局、

または院内処方を行っている病院やクリニックにその内容をお伝えください。

 

岐阜市金花堂クリニック内科・整形では豊富なジェネリック薬品を取り揃えています。

高血圧症や糖尿病、高脂血症などの慢性疾患(持病)をお持ちでたくさんの薬を飲まれている方は

ジェネリックすることによりお薬代がかなり安く抑える事ができると思います。

 

なお岐阜市金花堂クリニック内科・整形はお薬を原則すべて分包してお出ししていますが別途料金はいただいておりません。

特に高齢者の方は薬が飲みやすくなるのでおすすめです。

 

分包することによりお薬の飲み忘れや誤飲を防ぐことができ

安全、安心のお薬を医師から患者様に直節手渡ししております。

 

是非一度ご相談ください。

 

今回はジェネリック医薬品について説明をさせていただきました。

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。

【高脂血症】脂質異常症について【症状・治療・数値】 岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形

こんにちは。岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長モゲル丸です。

今回は脂質異常症について解説していきたいと思います。

岐阜市でも本当にたくさんの方がこの病気で治療しています。

 

脂質異常症は動脈硬化を進ませる自覚症状の全くない病気です。

 

脂質異常症かどうかは症状ではなく病院の検査によってはじめてわかります。

ただ脂質異常症とわかっても自覚症状がないので治療をしない方もいらっしゃいます。

しかし、脂質異常症は動脈硬化症を引き起こすのである日突然心筋梗塞や脳卒中などの重い病気を発症させることもあるため。

沈黙の病気ともいわれています。

 

脂質異常症の原因としては血液中の脂質が増えることによります。

 

つまり食べすぎによる脂質の取りすぎです。

 

脂質は確かに体を動かすための必要なエネルギーなのですが増えすぎた血中の脂質は処理できずに

動脈硬化を引き起こすコレステロールや中性脂肪の上昇につながります。

脂質の取りすぎは肥満にもつながるため生活習慣を見直さなくてはいけません。

 

また食べすぎ以外にも体質や遺伝的な病気により口からの脂質の摂取の量とは関係なく脂質異常症になってしまう人もいます。

 

治療としては食事療法と運動療法を併用し血中の脂質の量を減らします。

これが基本ですがほかに原因となる疾患がある場合はその治療をまず行います。

ですがほとんどの場合は生活習慣によるものなので食事療法と運動療法をまず行います。

 

ちなみにコレステロールには善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールがあり、

この中では悪玉(LDL)コレステロール値が140㎎/dL以上の場合は脂質異常症の疑いがあります。

 

また中性脂肪も動脈硬化の原因となるのですが基準値は150㎎/dL以下が基準でありそれ以上でもやはり脂質異常症の疑いあります。

 

この二つの項目の数値が上がらないようにバランスの整った食事をとり適度な運動することにより改善を目指します。

それでも下がらない場合は薬物治療を行う場合もあります。

 

簡単にまとめましたが症状がないので放置されがちな脂質異常症ですがきちんと管理をする必要がありますね。

心筋梗塞や脳卒中など危険な病気にならないようにかかりつけの医師と相談し治療法を決めていきましょう。

 

岐阜市六条南金花堂クリニック内科・整形院長 モゲル丸でした。