BLOG

未分類

(ブログテスト)子供が小さいうちは体調が安定せず、すぐ病気をもらってきたりして病院に行くことが多いですね。

急に熱を出したりすることはよくあります。新米お母さんにとって赤ちゃんの高熱には生きた心地がしません。痙攣や嘔吐。小さな体に起きる異変は母親にとってつらいものです。岐阜市では夜間診療を行っている医療機関があります。夜によくある赤ちゃんの異変に対応してくれるでしょう。夜間診療を賢く利用して不安な気持ちが少しでもやわらげましょう。そのほか岐阜市の保健センターでも保健師さんが相談に乗ってくれるようです。赤ちゃんを一人で育てるのは簡単ではありません。初めての赤ちゃんならなおさらです。母親教室や赤ちゃん体操など母子で参加できるものも用意されていてそこで赤ちゃん同士のふれあいやママ友を作ったりできるようです。お互いの体験談を話しあうことでとても良い勉強になり、悩みを相談することでリフレッシュできるでしょう。
夜間診療は軽い症状の時はいかず朝まで待って小児科に行った方がいいときもあります。
夜間診療に小児科医が常にいるとは限らないからです。岐阜市の冬は厳しいのでお母さんが栄養をたっぷりとり健康でいることが大切です。栄養をしっかりとることで栄養たっぷりの母乳をだすことができるからです。栄養たっぷりの母乳を飲んだ赤ちゃんはいつも元気出そうですよ。まずは赤ちゃんが熱を出さないように工夫することが大切なのです。
夜間診療はなるべくかからないように赤ちゃんの体調管理もしっかりしましょう。
夜中外に連れ出したりしないようにしてほしいものです。飲食店への出入りも極力控えた方が無難でしょう。寒かった季節も終わりもうすぐ暖かい春がやってきます。春になったら積極的に外にでて赤ちゃんとともに気分転換を図りましょう。歩くことができるのであれば運動をさせ体を鍛えてあげてください。赤ちゃんの健康管理はお母さんなしでは不可能なのです。