BLOG

未分類

(ブログテスト)岐阜市に住みはじめて25年になる。

住み始めて間もないころまだ岐阜市は田舎だったと思います。街並みは以前とだいぶ変わり街並も整備され商業施設も多くなって便利な街になったと思う。25年前は本当に何もなく不便な土地だなと思っていた。自分は東京に生まれ育ったのでまさか岐阜市に嫁ぐとは思わなかったけど、岐阜市は地方都市として立派に成長したと思います。医療施設も格段に増え、医療面でも心配がなくなったのではないでしょうか。子育てしていたころは夜間診療もなく大変だった思い出がある。今は夜間診療も充実しているようで、義父が倒れたことがあったが夜間診療へすぐに主人が義父を連れて行ったことがあり、早めの処置ができ一命をとりとめたことがあったのだ。これから高齢化社会になっていくので夜間診療の充実は必須であると思います。夜間診療があり何かあった時にいつでも診察が受けられることは高齢者がいる家族にとってはとても心強いことであると思います。寒さが厳しい冬は部屋と外の寒暖差が激しく高齢者にとっては危険といえるでしょう。普段の生活に危険が潜んでいるので、いつ何が起きてもおかしくはないのです。特に持病を持っていると余計に心配になりますね。いつ悪化してもおかしくはないのですから。だからといって入院はしたくはないのです。普通に我が家で暮らしていくことが高齢者にとっては幸せなことなのです。医療は本当に必要な人が受けれることが大切です。
岐阜市の春は遠いなと思います。雪もまだ降る日があります。でも確実に春は近づいています。寒かった冬はやはり高齢者にとっては過ごしにくい季節といえるでしょう。夜間診療受診者も増えてしまいます。早く暖かい春が来るようにいつも願ってます。岐阜市の桜の季節はとても素晴らしいです。美しい山並みと桜でとてもきれいな景色なのでもっと桜の季節に観光客が増えるといいなと思います。